講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

実績紹介

【講演依頼】”黒のカリスマ”蝶野正洋先生2018/06/08

ファイプロではいつもトペ・コンヒーロを決めたいがために(スーパー・カイザー使い)
【ひたすら掌底→ひたすらボディスラム→相手頭上に☆→ハンマースルーもしくはロープ際で浴びせ蹴り→相手リング外に落下→反対側ロープにダッシュ!→トペ・コンヒーロ!!(たまに思ったより早く相手が復活→自爆)】
を繰り返していたホクロです(よくレフェリーに激突して/させてましたっけ・・・)。
あとビッグ・ザ・グレート・ブルのギロチンも好きでした(変な唸り声が)。
あとマスク・ド・パンサーのヘッドロックから謎回転して蟹挟みで倒す派手技(技名を失念しました)が好きでした。
あと(以下略)

ということで、ホクロは闘魂三銃士世代です。
当時はまだ夕方にプロレス放送がありました(ELPの新日本テーマ曲はいまだに好きです)。
そんなホクロにとって、そしてMXバラいろダンディをいつも観ているホクロにとって、
こちらの御仁をご案内できるということは、非常にうれしいことでございます。
はい、“黒のカリスマ”ことプロレスラーの蝶野正洋さんです。

<蝶野正洋先生のプロフィールと講演依頼はこちら>

近年はテレビでの活躍もめざましい蝶野さん。
プロレスファンでなくてもご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。

この度、ご縁があって当社でご案内させていただくことになったのですが、
色々とお願いやご相談をしていくなかで、
な  ん  と、安全大会の専用テーマを作っていただけました!

  • “黒のカリスマ”蝶野正洋に学ぶ!闘う現場の安全
  • 安全はギブアップしない!プロレスで学んだ安全・健康・命

“破壊王”こと盟友・橋本真也選手や三沢光晴選手の急死などをきっかけに、
救急救命やAEDの啓発活動にも尽力されている蝶野さんですが、
2014年には一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立。
さらに、その活動は地域防災の啓発にも広がっています。
まさに安全大会にはうってつけの講師です。

ほかにはこちらのテーマがあります。

  • 蝶野正洋のモチベーションアップ法
  • 社員の心得 ~いかに会社とうまく付き合い、そして戦うべきか~
  • I am CHONO! ~自己プロデュースの仕方~

新日本のスター選手として、現場監督として、そして興行のプロデューサーとしてなど、
様々な立場でプロレス界を牽引してきた蝶野さんならではのお話が聴ける講演です。

内容は、広く社会人から一般向けにもオススメ。
モチベーションアップ、コンディションの整え方、万全でない状態からベストを尽くす方法、
さらには会社組織とどう渡り合うか、セルフプロデュースといった処世術、はたまた、
プロレス団体の運営や自身のファッションブランドを経営するなかでの経験などなど・・・
様々なエピソードも交えた講演です。

テレビに向かって「S・T・F!」と叫んでいた貴方からのお問い合わせお待ちしております。
(でないと、年末に私がビンタを張られることになりますので・・・)

 

追記:
先日、蝶野先生が行った記者会見にお誘いいただきました!
レポートを掲載しましたので↓よりご覧ください。
≫蝶野正洋先生の報道発表に潜入してきました!

金八先生にもご出演されていた女優、仲野綾花先生のご講演2018/06/01

ご無沙汰しております超人ハルクです😊

だいぶ時間があいてしまいましたが、2月下旬のお話をします。

前回のブログでもご紹介した森朗先生のご講演を聴講した日。

同じ海浜幕張でもう一つ講演を聴講していました!いわゆる講演会のはしご!笑

講師は仲野綾花(なかのあやか)先生❢

ご主催は弊社お得意様企業(本当にいつもお世話になっています)の女性セミナー💛

ご講演テーマは、「明日もまた頑張る人へ!お疲れを一気に吹っ飛ばす体感セミナー」でした。

最初にウォーミングアップとして、みんなでストレス耐久テストを実践。

女性社員のみなさん、ストレスが溜まっている方が多く・・・

そこで、「パワーポーズ」というものをおすすめ頂きました!

これは一流のアスリートも行っているそうで、2分で元気が出てくるそうです!

(気になった方は、パワーポーズ検索してみてくださいね😊)

人は笑顔の時に自分の能力を最大限発揮できる!

カール・ルイス氏も最後10mの時に、口角をあげてにーっと(^-^)行うとか。

仲野先生は「今回は皆さんに良い笑顔で帰ってもらいたいです❢」と言って、

本題に入りました\(^o^)/

まず、良い笑顔を作るため、顔の筋肉を緩めるところからスタート💡

顔ヨガの一つ「くちゃくちゃぱー」です!

言葉ではなかなか説明が難しいのですが・・・(‘_’)

顔のパーツを「ぎゅーっ」と中心によせ、次に「ぱーっ」と口を開き、

目は上を見て・・・これはすごい顔になるので皆さん大爆笑!笑

これを2~3回繰り返したところで、

仲野先生から「お顔がポカポカしてきた人~?」と投げかけ、半数位が手を✋

すると、「全員なるまでやりますよ~」とまた笑いが\(^o^)/

「お顔がぽかぽかしてきた人~?」とまた質問、今度はみなさんすぐに手を✋

恥ずかしい顔もみんなでやると面白いですね!笑

次にお顔の状態をチェック。皆さんにご持参をお願いしたスマホ📱で自撮りタイム📷

皆で一斉に真顔を撮り、左右差などを確認。

そして下から覗き込んでいるようにとる→10年後何もしない自分の姿

   上を見上げているようにとる→10年前の自分の姿

これにも皆さん大爆笑!私も一緒にやりながら笑いが止まらなかったです😊

そのあとも眼輪筋や口輪筋、小頬骨筋などを鍛えるため、

タコチュー😘や、カトちゃんペをしながら口角をあげるなど、楽しく実践。

最後に「笑顔は伝染します」と笑うことの重要性をお話。

音楽を流し、「最後に大笑いをして笑顔で終わりましょう」と、

皆で「ほ、ほ、ははは」と笑いながらリズムに合わせて手拍子をして終了しました。

<これは以前にご紹介した大平先生も講演でやっていましたね!>

今回は75分の女性セミナーでしたが、とにかく終始笑いある75分でした。

担当者の方にも、とても楽しかったと言っていただけました💛 嬉しいです💛

仲野先生とご講演前に控室でお話をさせて頂いた時は、和やかな雰囲気で穏やかな印象でしたが、

講演に入るとスイッチオン!とてもパワフルで明るい先生でした。

今回の内容の他に、コミュニケーションやチームワークのお話、

心と体をリフレッシュさせるものなど、体感型のご講演が可能でございます。

安全大会や女性セミナー、社員研修など、いかがでございましょうか。

皆様からのお問い合わせ・ご依頼をお待ちしております(・ω・)ノ

 

仲野綾花先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

お問い合わせ数No.1!超人気講師のご講演現場に同行した1日☺2018/06/01

こんにちは、落武者(前世)です👹

初夏の陽気が過ごしやすいこの頃。ご講演会も多いシーズンとなってまいりました!

さて、先日のこと。

弊社を通して池上彰(いけがみあきら)先生へご依頼させていただいた、都内でのご講演に同行してまいりました。

ご講演では、スタートした途端「TVで見る池上彰先生の話し方」になり

私、舞台袖で密かにおぉ~!!と感動してしまいました!

大変わかりやすく内容も濃く、笑いどころもきちんと作り、

お客様が興味・関心を持っていそうなポイントもしっかりと押さえて

ほぼマイク一本でまったく飽きさせないお話は 流石の一言。

言うまでもなく大好評!!!お客様にも大変お喜びいただくことができました。

池上先生は 複数の大学でのお仕事を主軸にされながらも

今も取材のため海外へも行かれ、合間でTV出演・出版社との打ち合わせ、

そして講演もこなし、毎月20本を超える連載の締切もきちんと守られ・・・

私のような一般人の想像を絶するほどのお忙しさ。。。

当日も名古屋での大学の講義のため、終わり次第すぐに東京駅へご移動されました。

こんなにお忙しいのにお引き受けくださり、本当にありがたいことです。

弊社HPでもお伝えさせていただいておりますとおり、

2018年12月まで、池上先生のスケジュールは既に一杯の状況です。

(上記のとおり大変お忙しい先生ですので、ご理解いただければ幸いです。)

2019年1月以降のご講演依頼について お問い合わせいただく場合には、

弊社HPお問い合わせフォームに詳細をご記入いただき、

ご連絡くださいますようお願いいたします。

(2019年追記:最新情報はこちらをご確認ください。)

余談ですが・・・

池上先生のアテンド終了後は、ちょうどお昼どきのお時間に。

池上先生の講演の事務担当をしてくれたハルクさんと、

ニューヨークの朝食の女王・Sarabeth’sへランチに行きました!

ちゃんとしたエッグベネディクトは初めて食べました。おいしかったです😋

安全大会・総会の本格的なシーズンももうすぐそこ。

日頃お世話になっているお客様にご挨拶ができ、

色々な分野の先生方の講演を聞くことができると思うと、とても楽しみです!

 

≫池上彰先生のプロフィールと講演依頼はこちら

鳴海拓志先生の講演を聴いてきました2018/05/15

【スタッフによる講演レポート】

弊社お得意様ご主催で行われた「五感に訴えるバーチャルリアリティの新展開」と題しての東京大学講師 鳴海拓志(なるみたくじ)先生のご講演を聴いてきました!
 

ポケモンGOの大流行からソニーのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の発売、数々の体験型アトラクションなど、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)の進歩はとどまるところを知らず、また市中のエンターテイメントにもしっかり取り入れられる時代となりました。娯楽の選択肢にも定着したAR・VRですが、「五感を創り出す」最新のAR・VR研究をご存知でしょうか。中でも注目の若手研究者が東京大学の鳴海拓志先生です。 

鳴海先生は、VR技術によって人間の行動や認知、能力を変化させ、生活やメンタルを向上させる方法を研究。見た目で味や満腹感を変えるなど“現実を編集する”試みがメディアでも注目されています。

そんな鳴海先生の講演を先日お得意様の会合にて聴講してきました。少しだけ内容をご紹介しましょう。

 

VRの裏側にある技術:

VRの本質にあるのは複雑な感覚のエッセンスを抽出して本物と同じように感じさせること。
そのためにセンサーやシミュレーションを組み合わせ、「いかに五感に訴える形でフィードバックするか」、が裏側にある技術のキモのようです。 

五感の感じ方を変える:

VRは五感の感じ方を変えることが出来る―ということで鳴海先生が開発した“メタクッキー”は、香りが出るHMDを装着して、普通のクッキーでも見た目と匂いをチョコクッキーにすることで何とチョコ味を作り出してしまう(!)。これはかき氷のシロップが目をつぶって食べるとどれも同じ味なのと同じことだとか。

またプロジェクションマッピングで食べ物の周りを囲むお皿の大きさを変えると、同じものでも満足感が変わる。食べ進めるのに合わせて変えれば、食べても一向に減らないので早く満腹になる。満腹感を出すのはこれまで難しかったそうです。

五感と錯覚の可能性:

そもそも、古くから五感はそれぞれ独立と考えられてきたのですが、研究が発展途上の触覚・嗅覚・味覚については、仕組みもかなり曖昧にしか知られておらず、「触る・におう・味わう」は別々に訴えても作れないのではないか―そう鳴海先生は考え「異なる感覚の影響や錯覚を使えば可能性があるのでは?」と問いを立てます。

どういうことでしょう。

例1 ある色の周囲が暗くても明くても色変わりせず見える「色の恒常性」。これは脳が賢く補正していることによる錯覚。

こうした錯覚の持つ可能性を最大限引き出すと面白いことができるかも、というのが鳴海先生の着想。

例2 鋭い響きの言葉とトゲトゲした図形など、聴覚イメージと視覚イメージの結びつきはどこの文化圏にもある。

つまり感覚同士は連動しており、足りない五感の情報を補うこともあるそう。こうした現象をクロスモーダル(異なる感覚が相互作用すること)と言い、感覚の埋め合わせもしてくれるそうです。

先ほどのクッキーの場合 【視覚:チョコクッキーの見た目×嗅覚:チョコレートの香り】が来ると、①まず脳は「お、これはチョコレートの味が来るな」と仮定して待ち受け ②その後で「本当にチョコ味かどうか」を確かめようとする。認知がこの順になるため、確認の時に味がはっきりしないと、最初の仮定をとって「これはチョコ味に違いない」と解釈してしまう。つまり、よく起こる感覚の組み合わせ(の記憶)があると、それを引き出してきて足りない情報(曖昧な味)を補完しているのだそうです。

これからのVRのキーになる技術:

限られたスペースでも広大な空間の中を歩いているようなVR体験(Redirected walking)は海外で研究が盛ん。それもそのはず、最も効果的な手法でも一辺が最短44m(!)ものスペースが必要・・・。というわけで日本では研究が進まなかった。

ところが鳴海先生の研究では円く湾曲した壁を触りつつ歩かせた(HMDではまっすぐ進んでいるかに見せる)。こうして同じように無限に広い迷路を歩き続ける体験を作ったのですが、「触る」感覚を一つ入れるだけで、何と必要なスペースを一辺6m(面積にして約53分の1!)にまで縮めてしまったのです。見るだけでなく触れることで感覚を歪める効果が大きくなった、というわけ。この技術は派生するさまざまな研究がなされています。

身体性認知科学:

「厚紙のDMは開封率がアップ!」という広告を紹介する鳴海先生。身体に働きかけると感情や認知が変わる、というのが身体性認知科学(Embodied cognition)という最近注目の分野。

ずっしりとした資料を持ちながら面接をすると重要そうな人物に思えて採用される確率が上がる、などいくつか研究例がある。ほかにも、嬉しい時は“上に”伸び、がっかりした時は“下に”落ちる、天国は“上に”地獄は“下に”ある―、こうしたことはどの文化圏にも共通。つまり感情や認知と、身体の動き、方向感覚、空間は関係している。こうしたものが面白いトピックになってきているのだとか。

VRの最新トピック:

私たちは世界を見るとき身体を物差しに使います。だからVRで手を大きくすると同じ物でも小さく見える、つまり身体が変化すると世界の見え方も変わる。こうしたことが、振る舞いや行動にも変化を及ぼすことが最近わかってきた、という鳴海先生。

例えばVRでのヒーロー体験。見た目がヒーロー化した瞬間に背筋が伸びる、体験後には利他的な行動をとり人に優しくなるという研究もあるのだとか。変幻自在のVRは人間の気持ちや振る舞い、ひいては働き方まで変えることが出来るかもしれません。

また複雑で切り離せない身体と心の関係も、解き明かすことができるようになっているのが最近の認知科学のトレンド。心は身体の影のようなものとして存在しているかもしれない―そうした研究を鳴海先生はゴーストサイエンスと呼び、新しい身体を獲得すると新しい心が生まれると言います。

鳴海先生が作った「扇情的な鏡」。真顔で前に座っていても映る表情は変化、笑わせると本人も楽しくなるなど、映像の加工で感情を変えるのです。心理学的には「悲しいから泣くのではなく泣くから悲しい」、つまり感情の役割は身体の反応(表情)に意味付けをすること。

さらに、このシステムをスカイプ(ビデオ通話)に入れてみる。お互いが笑顔に見えるようにしてアイディア出しをしてみると、何と数が1.5倍になる(!)。雰囲気が良いとそれだけ能力を発揮しやすくなる、環境を作ってあげることで感情が変わり発揮される能力やクリエイティビティが変わるということ。「ネット越しのコミュニケーションの方が生産的、効果的になるかもしれない」というクールな予言も飛び出しました。

 

鳴海先生の講演は、VR・AR応用の最新事例や新しい研究成果の紹介が大半をしめています。実際の見た目や動きなどが分かるビジュアルなプレゼンテーションは、見ているだけでも全く飽きさせない内容です。説明も平易で理解しやすく、主催される業種に合わせた話題も盛り込んでくださるので、新しいビジネスのヒントが見つかるかもしれません。

お問い合わせをお待ちしております。

 

鳴海拓志先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

平松類先生の新著『認知症の取扱説明書』&ベストセラー『老人の取扱説明書』ご紹介(感想)2018/05/14

こんにちは、落武者(前世)です👹

今回は平松類先生のご著書を紹介します🐼

なんと12万部突破のベストセラー!『老人の取扱説明書』(SB新書)と

つい先日発売されたシリーズ続編『認知症の取扱説明書』(同上)です。

f5a772f2-s.jpg

 

<ご参考まで… 平松類先生のプロフィールはこちら

取扱説明書というタイトルが秀逸ですね。つい手にとってしまいます・・・

このタイトルだけを見ると、少々つめたい印象を持たれるかもしれませんが

どちらのご著書も、平松先生の“高齢者が好き”という気持ち、

そして“もっと高齢者に優しい社会になるように”との思いから書かれた本です。

高齢者や認知症の人に優しく接しよう などと簡単に言うことはできますが、

実際にどうすれば「優しい」接し方となるのか?

何もわからない若い世代は、想像力を働かせて接し方を考えるしかありませんが

実際、その行動が高齢者にとっては「優しくない」接し方になってしまっていることも。

たとえば・・・

耳が悪いおばあちゃんに聞こえやすいように、高めの声で話しかけていたけど

実際は老化により高い音が聞き取りづらくなっているので、低い声で話したほうが◎ など。。

平松先生はそうしたすれ違いの場面を、医療現場でも多く見て来られたのだそうです。

高齢者や認知症の人の体に、いったいどういう変化が起こっているのか?

客観的・理論的に知識を得ると、問題行動の原因を冷静に判断でき、

周りの人は本当の意味で高齢者に「優しく」接することができるようになります。

また老化や認知症の進行を遅らせるために、自分でできる対策の紹介もあり!

シニア世代も必読です。

詳しい内容については、目次と冒頭の本文を試し読みできるサイトもありますので

そちらをご参照いただくとして・・・わたしからのおすすめポイント3点👹✨

●情報量はたっぷりあるのに、平易な文章のためとっても読みやすい!

専門家がわかりやすくまとめて書いてくれた本を読むことができるというのは

とても幸せなことだなあと、改めて思いました。

(この2冊を書くためにたくさんの論文を読み漁ったとおっしゃるだけあり、

参考文献の数の多さにも驚かされます)

●章ごとにまとめのページがあり、これがとてもわかりやすい!

『老人の~』では老化の正体、『認知症の~』では問題行動の正体 について

それぞれまとめたあと、

①周りの人がしがちな間違い ②周りの人がすべき正しい行動

③自分がこうならないために ④自分がこうなったら(『老人の~』のみ)

についても合わせてまとめてあります。

まずは目次とこのページを読んで、気になった箇所を詳しく読むのも良いかも

●ベストセラーとなった『老人の取扱説明書』は、大活字版もこの4月に発売!

新書サイズの文字はすこし読みづらい方も、これならラクラクですね~~🐙

おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼントにも良いかもしれません

とにかく!!平松先生の愛がつまった2冊です。とってもオススメ。

また平松先生の丁寧でやさしいお人柄が文章の端々にもにじみでており、

ご講演を拝聴したときのことを思い出しました😍

ぜひぜひ書店でお手にとってみてください!

よろしければ、ご講演レポートも是非ご覧下さい!

◇2015年9月

2015/09/07 平松類先生の講演を聴いてきました | 講演依頼、講師派遣なら日本綜合経営協会

◇2017年1月

【講演レポート】緑内障治療がご専門の眼科医・平松類先生 ご講演! : 日本綜合経営協会スタッフblog

(現在も多数のお問合せをいただいておりますが、

平松先生は現役のお医者様のため、やはり大変ご多忙でいらっしゃいます💦

お早めの時期からご計画を始められることをオススメします🌟)

 

平松類先生のプロフィールと講演依頼はこちら

TBSひるおび!にご出演、気象予報士 森朗先生のご講演2018/04/27

こんにちは超人ハルクです😊

2月中旬のこと。弊社お得意様ご主催による森朗(もりあきら)先生のご講演を聴きに、

海浜幕張まで行ってまいりました!

ご講演テーマは「なぜ今、異常気象なの?~天気と歴史・生活~

まず、TBSひるおび!ご出演のエピソードを交え、簡単な自己紹介から。

毎日生放送にご出演のため、声をかけられることが増えたが、

「よく見てるよ、森田君」と、同じく気象予報士の森田正光氏に間違えられる!笑

また先日、大雪で帰れないことを危惧し、準備をしてTBS入り。

大抵備えると降らないことが多いが、本当に降った。気象予報士もびっくりした!笑 

と、最初からお客さんを笑わせ、つかみもバッチリです\(^o^)/

はじめに、今回の開催地・千葉と東京の天気のグラフから雪の解説を。

2℃位だと雪になることが多いが、今年は4℃でみぞれとなり、例年より高い温度で雪がふった。

1℃下回ると積もり、首都圏は大混乱となった⛄⚡

低気圧の位置が少しずれるだけで、雨とか雪に変わるため、予想がしにくい。

「それを予想するのが気象予報士だろ」とツッコまれると、またまた笑いを\(^o^)/

次に、今回の演題にもある「異常気象」とはなんでしょうか?

一般的には、過去に経験した現象から大きく外れた現象または状態のこと。

気象庁では、ある場所・ある時期において30年に一度以下の出現率で発生する現象のこと。

ここで、記録的大雨による土砂災害や竜巻被害など、ここ10年の気象災害をデータで振り返り。

最近は、世界中で雨の降り方が異常と言われている。

以前は地形や気圧配置で大雨を予想できたが、今は海洋の状況や気候変動で

予報ができなくなってきた。

また、前とは違い、いつも降っている場所ではなく、降らない場所に雨が降るようになり、

「これまでにないような・・・」と言われている(いつも降る場所なら問題ない)。

(ただ、たまーにTVでは、ウソもあるようなので、要注意です❢笑)

では、異常気象が起きたらどうしたらいいのか?

向かって行ってもダメなので、逃げる。逃げ遅れが多いので、早めの対策が必要。

例えば、ゲリラ豪雨の場合、10分で積乱雲ができてしまうため、観測が追い付かない。

積乱雲(雷)から身を守るには、安全姿勢=低い姿勢をとることが大事(雷はできるだけ

早く到着したいため、高いところに落ちる)そうすれば、助かるそうです。

ここでも、奥様のお怒りを雷に例え、奥さんに怒られたら安全姿勢をとればいいと、

笑わせておりました!笑 大変ためになりますね!笑

そして、温暖化の話に。

温暖化により、100年後は2~3℃気温が上昇すると言われている。

現在、東京の年間の平均気温は15℃だが、18℃位になる、これは現在の鹿児島の気温。

すべてずれ込むと、ミカンやリンゴの生産地も変わってくることに。

また、クマ🐻も冬眠から早く目覚め、人のところに食べ物🍚を求めに。恐ろしいですね❢

なぜ温暖化と言われているのに、こんなに雪が降るのか?

それは、「温暖化するから雪が降るということ」

温暖化というとあたたかそうに聞こえるが、シベリアには寒気があり続ける。

温暖化で北極海の氷が溶けて大気があたたまると、上空の気圧が高くなる。

その暖気がシベリアの寒気を押し出し、雪が降るというわけです。

最後に、今後寒さはいつまで続くのかという予想で終了されました。

今回は一般のお客様も対象にされた講演会でしたが、さすが森先生の知名度💜 

集客も抜群で、主催の担当者様も大喜び😊

テレビでいつも見ている森先生から楽しくわかりやすいお天気のお話をしてもらえたので、

お客様は皆喜んでいらっしゃいました。ありがとうございます❤

当日は海浜幕張駅で森先生と待ち合わせ、そこから会場ホテルまでの道々👣も、

とても気さくにお話頂けました。

先日ご紹介した西成先生もでしたが、森先生も沖縄(特に石垣島)が大好きとのこと。

沖縄大人気です❢笑

毎日生放送がありますので、14時に都内を出発して間に合う時間帯、

また土日でしたら、ご依頼が可能になります。

最近の異常気象により、天気のご講演依頼も増えておりますので、

ぜひ一度森先生のお天気の解説を生でお聴きになってはいかがでしょうか。

 

森朗先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

草食男子の名付け親 深澤真紀先生のご講演レポート2018/04/03

こんにちは、落武者(前世)です👹

先日、弊社お得意様ご主催の、深澤真紀(ふかさわまき)先生のご講演を聴いてまいりました。

(会場の関係によりお写真無しで、恐縮です。。)

深澤先生は、編集者としての出版社勤務を経て

現在は獨協大学経済学部の特任教授、またコラムニストとしてもご活躍。

「情報プレゼンター とくダネ!」にもコメンテーターとして

レギュラー出演されていらっしゃいます。

ご講演テーマは「イマドキ若者論・イマドキ日本論~草食男子の名付け親が語る」。

そう!深澤先生は、今では一般的な言葉となった

“草食男子”・“肉食女子”の命名者なのです!

はじめは「とくダネ!」での裏話を 笑いも交えてお話され、つかみもバッチリ。

(CM中に深澤先生がなんとなくギャグを呟いたら、

CMが明けた途端デーブ・スペクター氏に

あたかも自分が思いついたかのように言われてしまったとか・・・)

さて、まずは“草食男子”の意味について。

実は、深澤先生はもともと男性を褒める意味合いで名付けられたそう。

仏教が浸透している日本では“草食”は精神性の高さにもつながる意味を持ち

また“男子”も若年層にかぎらず、男性を指すつもりだった。

また、名付け当時(2006年)は中高年男性から「こんな男はいるわけがない!」との

反響多数だったそうですが、

某女性誌に「女性がモテないのは草食男子のせい!?」と特集を組まれたり

リーマンショック後、車が売れないこと等の理由として槍玉に挙げられたりと

女性からビジネスマンにまで いわば「犯人」扱いされるようになり、注目を浴びるように。

深澤先生が今日のようにメディアに出演されているのは、

こうした“草食男子”に対する世間の誤解を解くことがきっかけだったそうです。

つぎに 最近の若者の消費、恋愛、結婚と子ども、会社や仕事などに対する見方や

最近の女性、女性活躍についても解説。

●若者は周りに見栄を張った消費や恋愛、就職をしない。

●未婚者の増加や少子化は、「お金の若者離れ」が原因。

●バブル期は男ウケを気にする「女の時代」

→2000年代に入ると女性同士で意識し合う「女子の時代」に。

 また、独身女性の呼び方も「負け犬」→「こじらせ女子」に変化。

 女子のマニア化、ズボラ化が進んでいる。

などなど! すべては紹介しきれませんが・・・

具体的なデータを参照するだけではなく、日頃先生が大学で教えておられる学生さんの実際の声も

笑えるネタとして紹介しながら解説くださいますので

身近に感じられつつ説得力もあり、これは深澤先生のご講演でしか聞けないと思います。

※聴講者の皆さんにウケていた、現役大学生との会話内容をご紹介・・・。

「据え膳も食わないし、送り狼もしない(言葉の意味もわからない)」という点も、

深澤先生が名付けた“草食男子”の意味のひとつ。

これを学生さんに話したところ「据え膳ってなんですか?」と訊かれ、

先生が意味を教えてあげたら、へえ~~!と納得してくれたが、ある1人からさらに質問。

「先生!そのお膳が腐ってたらどうするんですか!?」と。。。

最後は、若者との接し方について、深澤先生からアドバイス。

●若者は尊敬するのが好きなので、自分が好きなもの、好きな生き方を伝える。

●個人個人の多様な生き方を尊重した話し方をする。

(◎「あなたは~」・✕「若者は~」「女性は~」)

●自分の失敗談・技術を共有することで、自分たちを上手く使ってもらう。

(深澤先生の学生さんも、先生の失敗談をこぞって聞きたがるそうです)

若者批判からは何も生まれない。

彼らを信じることが自分たちの未来につながる、とご講演を締められました。

深澤先生のご講演は90分間ノンストップ!

とってもパワフルなお話に、みなさんも熱心に耳を傾けておられました。

ご講演前、控室で少しお話をさせていただいた際、

編集者時代の、数多い聴講の経験を活かして構成を考えておられると伺い

深澤先生のご講演がいつも大好評な理由にも納得。

作家先生のアテンドをされたときのエピソードもお聞かせくださったりと

私たちにとっても勉強になりました。。。

「最近の若者」な部下・後輩をもつ方々に、ぜひお聴きいただきたいお話です!

お問い合わせ・ご依頼をお待ちしております。

 

深澤真紀先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

働き方改革でも注目!渋滞学の第一人者、西成活裕先生のご講演2018/03/22

最近少し暖かくなりましたね\(^o^)/とても幸せです。超人ハルクです。

先月は雪も多く、特に福井県はすごかったですね(;_;)⛄

さて、そんな大雪のニュースの2日後。

弊社お得意様ご主催で、東京大学 先端科学技術研究センター教授

西成活裕(にしなりかつひろ)先生のご講演を聴いてきました!

ご講演テーマは「万物は渋滞する~シゴトの渋滞解消の法則~」。

そもそも渋滞学ってなんでしょう??

渋滞学とは西成先生が25年前に作られた学問で❢(学問って作れるんですね・・・)

もともと渋滞が嫌いだったため、解消しようと研究を始められました。

「研究していると大好きだと思われがちだけど、渋滞が大嫌いだからですよ」と、

序盤から笑わせて頂きました\(^o^)/

「渋滞」というと、たいてい車をイメージするかと思いますが、

工場の荷物や、神経細胞の滞りにより忘れっぽくなる病気(認知症・アルツハイマー)等、世の中には多くの渋滞が存在します。

車も神経細胞も滞る仕組みは同じ!西成先生は長らくの研究の末、仕組みを解明(発見)。

それをシゴトに置き換え、現在は多数の会社の改善の手助けをされているそうです。

その数なんと100社以上!中には病院の待ち時間の渋滞解消も研究されているとか!

病院の待ち時間がなくなるなら、すごいことですね😊

では、なぜ渋滞が起こるのか?

1つは、外的要因<外から邪魔している>=ボトルネック。

もう1つは、内的要因<インとアウトのバランス(比率)が違う>=メタ安定。

渋滞の起こるたいていの原因はボトルネック(外的要因)と言われているが、

ボトルネックだけではなく、実はメタ安定(内的要因)の方が多いのではないか?

6年かけて、ボトルネックがなくても渋滞が起こることを解明。

ここで、無理して車間をつめて速く走る車の実験の映像を再生💡

無理に車間をつめて速く走ること(メタ安定状態)が渋滞を引き起こすということを、

目に見える形でわかりやすく説明してもらえました👀

ちなみに西成先生はインドで3カ月分のアリの行列を観察👀

アリは混んでいても7割ぐらいしか密度を上げず、距離をつめないから渋滞しないという論文も

発表されました!

今までのことをシゴトに置き換えて考えます。

シゴトでいうメタ安定状態とは、無理してシゴトを密にしていること。

※無理にシゴトをこなす→こなせた分シゴトを増やす<詰め込み過ぎ>

これでは必ずどこかで渋滞(崩壊)が起きてしまいます。

つまり、企業も組織も、詰め込まずある程度の間をとることが大事

メタ安定状態が起こらないように、社員それぞれの能力を見極め、

その人にあった仕事を割り振る(シゴトの密度を考える)ことができる経営者がGood!

経営者の皆さん、いかがでしょうか?これが、渋滞学の視点からの働き方改革!

実際に適切な“間”をとっている組織を長期的に見ると、

潰れずに、生産性があがっているということもわかっています◎

では最後に、間をとるにはどうすればいいでしょうか?

「ムダなことを省きましょう」

西成先生は10年ぐらい前にムダどり学会の会長に就任、ムダをなくそうと実験。

ムダを定義し、その後に「あえて損をして得を得ること=“科学的ゆとり”」を生み出しました。

Ex:電車は一本待った方が空いている

皆さんはプラスばかりを望んでいませんか?後にマイナスでは意味がありません。

一見マイナスに見えることが後でプラスになります。

業務改善をするために、あるべき姿(目的と期間)を決め、それのためにどう行動していくか、

現状ではなく、長期的にみていくことが大事とまとめられて終了しました。

ちなみに、西成先生は「ムダとりの歌」というCDや、昨年「逆説の法則(新潮社)」という著書も

出版されたそうです📕💿 非常に興味深いですね💝

昨夜フジテレビから福井の大雪の渋滞に関してコメントをしてほしいと出演依頼があったが、

今日の講演があるからと断ったとおっしゃっていました!ありがとうございます!笑

そのおかげでとてもタメになる楽しいご講演を聴くことができました。

余談となりますが、西成先生は沖縄が好きとおっしゃっていました😍

大変ご多忙の先生ですが、沖縄からの依頼はWelcomeです\(^o^)/笑

講演前にも気さくにお話頂け、とてもとても楽しかったです❢❢

ぜひ皆さまにも一度、西成先生にお会いして頂きたいです😊

皆様からのお問い合わせ・ご依頼お待ちしております。

 

西成活裕先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

大平哲也先生の「笑いと健康」に関するご講演2018/03/06

こんにちは超人ハルクです😊

一月末のこと。弊社新規のお客様ご主催で大平哲也(おおひらてつや)先生のご講演を聴いてきました!

 

福島県立医科大学教授の大平先生。

当日も、お忙しい中 福島より都内某所までお越し頂きました😊 ありがとうございます❢

今回のご講演テーマは、「笑いと健康~笑ってストレス解消!生活習慣病予防~」。

まず、NHK「ためしてガッテン」で長生きホルモンを増やすための体操を

4時間かけて収録したが、1分しか映らなかった。

先日のNHK「おはようニッポン」も出演時間10秒・・・と、

TVご出演時のお話で聴講者を笑わせ、つかみもバッチリです\(^o^)/

そして本題。そもそもストレスって何でしょうか?というお話から。

医学的にストレスとは、「外からの刺激に対するからだやこころの反応」のこと。

この反応を生じさせる刺激(原因)をストレッサーと呼ぶそうです。

主には、やはり仕事の人間関係!これには皆さんご納得のご様子でした(‘_’)

では、ストレスがたまるとどうなるでしょうか?

不安・緊張状態や不眠になる、血液がドロドロになる、暴飲暴食やお酒に走るetc

それが肥満や高血圧などの生活習慣病となり、脳卒中や心臓病など大病につながります。

ただ、なかなかストレスを解消することは難しい・・・

ネガティブなストレスを減らすよりも、ポジティブな感情を増やせばいいのでは

そこで、「笑い」が注目されているのです(^-^)

「笑い」とは、ユーモアに対する身体的反応のことで、

「身体動作(顔)」と「発声」の2つから構成されており、

どちらかが欠けている場合、笑っていないことになります。

ここで豆知識 💡 日本人は1日平均15回笑う、一方アメリカ人は17回、負けています。

「笑い」は、糖尿病・アレルギー・循環器疾患やがんの転移に関わる細胞の活性化など、

様々な病気に効果があることも実証されています。

たとえば面白くないとき、顔と発声の2つの要素があれば脳が笑っていると認知するので、

「作り笑い」も効果が

お笑いや落語などで笑えない方!ここで大平先生オススメ「笑いヨガ」の実践です。

皆様にご起立頂いて、「ほ、ほ、ははは」と言いながら手拍子をしたり、

「あはははは~」と言いながら身体を伸ばすストレッチを行う、インドのヨガ。

実際に体験してみて頂かないとなかなかイメージがわきにくいかと思いますが、

作り笑いをしているはずのに、とても面白い!普通に笑って楽しめました😊

会場にも笑いが響き渡り、全員が楽しんでいました\(^o^)/さすがです!!

最後に、日常に溢れている笑える画像をご紹介されながら、笑える人との付き合いを増やすなど、

生活の中に笑いを取り込むことが必要とまとめられて終わりました。

ご講演前の控室にて、大平先生は「私のことを漫才師のような想像をされていることが多いが、

ちょっと面白い大学の教授と思って聴講してほしい」とおっしゃっていました。

そんなご謙遜が必要ないくらい、とにかく楽しいご講演で、あっという間に終了💛

帰りのタクシーの中でも気さくにお話頂け、

とっても楽しい時間を過ごすことができました!ありがとうございます😍

今健康と笑いに関するご講演のご依頼が増えております。

ストレスの多い社内に、笑いの効果はいかがでしょうか

ぜひ一度楽しいご講演・笑いヨガの体験をしていただければと思います。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております☎

 

大平哲也先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

三橋美穂先生(快眠セラピスト)のご講演を聴いてきました!2018/02/21

落武者(前世)です👹 本年もよろしくお願いいたします。

新年第1回目のご講演レポートです🙋

先日、弊社お得意様ご主催で行われた、「睡眠革命で仕事力10倍!」と題しての

快眠セラピスト・睡眠環境プランナー 三橋美穂(みはしみほ)先生のご講演を聴いてきました!

まず、「良い睡眠・悪い睡眠とは?」という話題からスタート。

最近話題の“睡眠負債”とその危険性について。

意味は「日々のわずかな睡眠不足が積み重なり、心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態」のこと。

日本人の平均睡眠時間は全体の4割が“6時間未満”というデータがあるが

働き盛りの年代はだいたい7時間程度は必要(年齢差や個人差あり)。

つまり、日本人の半数以上が睡眠負債をかかえている ということ!

また、“良い睡眠”のわかりやすいバロメータとしては

「午前10~12時にスッキリ・イキイキと過ごせる」ことを大切にしてほしい と。

実際に、三橋先生はご自身に合った睡眠時間を知るために

1週間ごと 8時間・7.5時間・7時間 と睡眠の長さを変えて実験し、日中の体調を観察。

結果、7.5時間睡眠が一番スッキリと昼間に活動できるとわかり、

それ以降は毎日7.5時間眠るようにされているそうです

(睡眠時間が短くなってしまった場合には、翌日に調整されているとも)。

次に、「眠気を高め、寝付きをよくするルール」、「自分に合った枕の選び方」についてお話。

体内時計の整え方、就寝前のリラックス方法、快適な寝室のつくり方・・・などなど、

今日からすぐに試せるエッセンスが盛りだくさん!!

手のマッサージや呼吸法などにも 実際に取り組んでいただきながらのお話ですので、

皆様にも終わりまで集中して聴いていただくことができました。

また会場の設備等が許せば、枕の選び方についての実演も可能!

なんと三橋先生は頭をひと触りしただけで、その人に合った枕がわかるんだそうです!

今回は会場のご都合で残念ながら出来ませんでしたが、とっても盛り上がるんだとか・・・

その後、三橋先生にも快くご出席いただいた懇親会の席で、

枕の選び方についてご相談されている方も多くいらっしゃいました。

控室でも大変気さくにお話いただき、

「先生がコーディネートされた快眠ヘッドスパのお店「Q’s for-rest」に行ってみたいです!」と

お伝えしましたら、後日わざわざクーポンを送ってくださいました!ありがとうございます😍

行きましたらまたブログでご紹介しますね💗

2018.2追記:行ってきました!!

【ヘッドスパ】三橋美穂先生がコーディネート!有楽町マルイ・Q’s for-est(キューズフォレスト)

主催ご担当者さまも、三橋先生に教えて頂いたことを当日の夜に実践され、

いつもよりぐっすり眠ることができたとお喜びでした🌌 もちろん私も!

「良い睡眠」を取れるようになると良いことづくめ!

専門家の三橋先生のご講演を聴いて、一度しっかり学んでみてはいかがでしょうか?

お問い合わせをお待ちしております!

 

三橋美穂先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

【ヘッドスパ】三橋美穂先生がコーディネート!有楽町マルイ・Q’s for-est(キューズフォレスト)2018/02/14

こんにちは、落武者(前世)です👹

先日、有楽町マルイ内にあるヘッドスパ専門店「Q’s for-est」へ行ってきました!

こちらは先日ご講演レポートを紹介した、

快眠セラピストの三橋美穂先生がコーディネートされたお店です!

【講演レポート】三橋美穂先生(快眠セラピスト)のご講演を聴いてきました!

先生にいただいたクーポンを使って、ハルクさんと一緒に

じっくり癒してもらってきました。ありがたいことです・・・!(;;)

初めてのお店でしたので、まずはお試し30分コースを選択。

クーポンがなくても、いまなら新規限定でお得にほぐしてもらうことができます!

(サイト上や外部予約サイトには30分コースの掲載はありませんが

お店の公式予約システムからは ちゃんと選べますので、

まずは登録されることをおすすめします・・・登録も簡単ですよ・・・)

そしてさらに、このお試しコースでは

「頭・こめかみ」を重点的にほぐすAコースと

「頭・デコルテ・首・肩・耳」までほぐしてもらえる(欲張りな)Bコースの

2種類から選ぶことができ、デスクワークで凝り固まった私たちは当然Bコースに。

受付を終えたら靴をぬいで、施術コーナーへ。

中は暗く、癒やしの効果音が流れ、天井には星々が・・・

ショッピングモールにいることを忘れさせる癒し空間😴💫

あたたかいピローをお腹の上におき、アロマの良い香りをかがせてもらいながら施術スタート。

感想は・・・とてもよかったです・・・

頭から肩までじっっくり、セラピストさんの温かい手でもみほぐしてもらい

お店を出た後は世界がぱあっと明るく見え、大感動でした・・・

ハルクさんも私も、とってもお疲れですねとセラピストさんに言われてしまいました(笑)

頭はもちろんですが首の根元がとくに気持ちよく、Bコースで正解!

そして金曜日に行って大正解でした!!

帰りには、三橋先生の快眠アドバイスつきカードをいただきました🙏

三橋先生、すてきなお店をコーディネートしてくださってありがとうございます。。

また行きます。

ちなみにその後は・・・帰りがてら東京駅まで歩き、

「杜」の厚切り牛タン定食と ピエール・マルコリーニのチョコソフトを食べ

わたしたちの優雅な華金は終わったのでした💐

高村幸治先生の講演を聴いてきました2017/12/13

神奈川県内で弊社のお客様ご主催で高村幸治(たかむらこうじ)先生「部下の本気に火をつける絶妙な「誉め方」「叱り方」 ~企業活性化の秘訣 モチベーション倍増~」というテーマでの講演を聴いてきました。

「良い話だけではなく失敗談を交え体感しながら学んでもらいます」と聴衆にワーク(ショップ)等の心の準備をしてもらい、笑いを取りながら心を解し、掴みは完璧、あっという間に和気あいあいの雰囲気を作ってしまいました。
さすが大阪の講師。

ワークは巻き込み型で全員参加の楽しいものからスタート。

リーダーに必要なもの
優しさ
厳しさ
ユーモア

部下をきちんと観ていないと誉めても叱っても受け入れてもらえない。

ある絵を見せて見えるものが人によって違うということをわかってもらい、人によって、立場によって見ているものも見え方も違うということを理解してもらう。
つまり違う意見があって当たり前、自分とは違う考えの人の考えを受け入れることが大事

これを踏まえ課題を与えディスカッション・ワークも。
聴衆とのやり取りを通じさりげなく「誉め方」「叱り方」を伝授。

上から目線で誉めるのではなく“横から目線”で感謝を伝えることが大切

高村先生ご自身の失敗の経験を面白おかしく披露することで自然と聴衆が同じ目線になっていく。

心理学、行動学、哲学をベースに専門用語は用いずにわかり易く腹に落ちていく感じが聴衆に受け入れられやすいのだろうと腑に落ちる。

上司に求められるもの⇒観察力(観ていなければ誉めることも叱ることもできない)
「誉める」「叱る」の黄金比率は5:1(統計学的に)(ただ誉め方、叱り方がある)
誉めることで向上するもの⇒記憶力(誉められたことを忘れない)

1日の最後に「承認」することで「1ミリの成長」をさせてあげることができる
90分の講演では「気づき」の場にしかなりませんので伝えきれるものではありません。
「上司として部下を1ミリ成長させてあげて下さい」と括られた。

講演前の受付では社内研修講演ですから参加者の皆さんの表情がやらされ感満載で全く笑顔が無かったが、講演が始まると見る見るうちに笑顔に変わって行き、帰るときには講演の内容を互いに話しながら楽しそうに会場を後にされました。

高村先生はずっと笑顔で、関西人にありがちな「オモロイやろ?」という押しつけがましさも全然無く、笑わせる場所、タイミングも絶妙でした。

日本中どこでも通用する講師だと再認識させられました。

今回はワークの部分を上手くお伝えできそうになかったので割愛致しました。
申し訳ございません。
実はワーク嫌いの私でもこれならできるかもと思ったくらいの取っつき易いものでした。

私も「1ミリの成長」をさせてあげることで部下は翌朝目覚めたときに「よし、今日も頑張ろう、早く会社行って仕事がしたい」と思うようになってくれるのではと思いました。

高村先生は講師力“バリューアップ道場”を主宰され高い理想の元、講師を育てることもやっておられます。
私よりもはるかに若いのに頭が下がります。

高村先生は個別にご要望をお聞きし、新人から経営層まで階層ごとに内容をカスタマイズして下さり必ずフィットさせて下さいますので満足度の高い講演になること請け合いです。

 

高村幸治先生のプロフィールと講演依頼はこちら

 

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]10:00~17:00
[定休]水土日祝※時短中
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴47年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル