日本綜合経営協会トップページ > 実績紹介 > 2014年1月22日(水)  夏野剛先生の講演を聴いてきました

夏野 剛先生の実績紹介

2014年1月22日(水)  夏野剛先生の講演を聴いてきました

2014年1月22日(水)  夏野剛先生の講演を聴いてきました

都内で弊社お得意様ご主催の夏野剛先生の講演を聴いてきました。
夏野先生とは同じ異業種交流会でメンバーだった共に二十代の頃からの知人で20数年振りの再会でした。
私も「先生」と呼ぶには呼び辛く、きっと夏野先生も同様だったことでしょう。

私が会場に到着した時に夏野先生は駐車場の車の中でインターネットを使った会議中でした。
講演開始ギリギリまではそうされると伺っていましたので何と忙しいことと驚きましたが、多くの会社の取締役をされていますので一つしかない体を有効に使うベストな方法なのでしょう。

演題は「ITC革命の本質と新リーダーシップ論 ~時代の変化に対応できる企業~」でしたが実に多岐に渡る非常に興味深い内容でした。夏野先生は94年にペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン)でPCについて学び、「自分のやるべきことはこれだ」と思われたそうです。
そこでインターネット社会においては将来どういうことが可能になるかという様々なシミュレーションをされ、20年後の今日では当時シミュレーションしていたことが全て現実のものになったそうです。

iモードが99年にスタートし、当初「うまく行くはずがない」と言われたが、現在全ての人が使っている。つまり、皆が「絶対うまく行く、大丈夫」と思ったら生まれない。「大丈夫かよ?」と思われていることから生まれるのが「イノベーション」。

グーグルが2008年に出てきてこの15年で3つの大きなIT革命が起きた。
① 効率革命
② 検索革命
③ ソーシャル革命
① ③についてはあえて省略します。
② は英語で検索できる人という前提条件が付くが三日三晩検索しまくれば世界中のほとんどの専門的な情報を入手でき“にわか専門家”になれてしまうのが現実。
グーグルが唯一作ったのは「検索エンジン」。それを使って幹部たちは日々検索し、企業を探して買っている。
寺山修司氏が『若者よ、書を捨てよ町へ出よう』と言ったが、『若者よ、引き籠ってググれ!』と言いたい、と。

これからは「個人の能力の最大化」を考え、「100人の東大卒より一人のオタク」つまり、エリート人間が束になってかかってもたった一人のオタクに敵わない時代に既になっている認識を持つことが大切。

日本社会は「個性軽視、議論軽視、予定調和好き」でどこか他人事でも許される“ぬるい”社会である。
マーケティングをやればやるほど低成長に陥るという悪循環に陥らない為には、リーダーがインターネットと光回線カバー率90%以上のインフラを駆使し、世界に冠たる勤勉さとやる気と規範意識の高い素晴らしい日本人の長所を最大限に活かすことができれば今後の日本の未来は明るい。
もしそれができないリーダーならさっさと代えるしかない。

最後の質疑の中で、近未来社会において必ず起こることとして、iPadを手に取り、『今このiPadまでネットが繋がっています。そして目で見て、指で検索などを行っています。これからの5年間でグーグルグラスなどのウェアラブル革命が起き劇的に変化し、今後遅くとも30年、早ければ20年以内にはインターネットが脳と直結するでしょう。するとどうなるか?記憶は不要になります。入試も意味が無くなります。百人一首を覚える必要もなくなります。そうなった時代に必要とされる人材はどのような人でしょうか?イマジネーション(想像力)とクリエイティブ(創造)を持った人です。ではどうすればそういう人に育てられるのか?それは「本当に好きなことを見つけられるようにしてやること」です。すると寝食を忘れ没頭できる人になります。教育システムも採用方法も全て今とは全く違う社会になるでしょう。』

2100年に「日本はIT革命に付いて行けなかった」と近代史に刻まれることがないようにしなければならない。

自身が20年前に想像していたことが創造され、現実のものとなった経験からの話ですから、私は「現実になる」とイメージすることができました。ITのみならず学校関係、リーダーシップ、人材育成など様々な分野の内容でも対応できるとても内容の濃い、わかり易く為になり、楽しんで聴くことができた講演でした。正直もう少し聴きたかった。

講演後、「近々食事しながら一杯飲りましょう」と約束し別れましたので、続きはこちらで聴いてきます。

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。