日本綜合経営協会トップページ > 実績紹介 > 2017年2月 福田正博先生の講演を聴いてきました

福田 正博先生の実績紹介

2017年2月 福田正博先生の講演を聴いてきました

2017年2月 福田正博先生の講演を聴いてきました

埼玉県内で弊社の長きにわたるお得意様ご主催で福田正博先生「目標達成への道のり ~どんな状況でも諦めず、最善を尽くすこと~」と題しての講演を聴いてきました。

今回は対象となる聴衆が小学校高学年~中学生および親御さんとサッカー指導者という三層に分かれ非常に難しかったと思いますが、冒頭で共通の話題である浦和レッズの当日の試合結果を伝え、どういうメンバーでなぜそういう構成だったのかを理路整然と説明し納得させしっかり掴まれた。
もちろん今年のレッズの戦力分析も。

そして福田先生の現役時代を知らない子供たちに向けダイジェスト版自己紹介VTRを観てもらいながら解説入りで。
さらに「絶対外れませんからゴールは。入るものしか編集していませんから。安心して見て下さいね。」と会場が和やかになる笑いも。

同級生に50歳の今も現役のカズ(三浦知良選手)、1つ下にゴン(中山雅史氏)、2つ下に北澤豪氏。

プロ野球選手を目指していたのになぜサッカー選手になったか?
恩師とのエピソード。
そして上手くなるために練習の大切さを子供たちに伝えることも忘れない。

一番影響を受けた指導者ハンス・オフト監督は何をさせたか
「無い」ものを探さない(=できないことをできるようにしようとしない⇒自信にはならない)。
「ある」もの(選手たちが持っている得意なもの)で勝負することで自信を持たせた。
そして7年間勝てなかった韓国に勝った。
成功体験を積ませることが大事だということを教わった。

「人間は汗をかくし疲れるけど、ボールは汗をかかないし疲れない」という言葉がある。
韓国と対戦する時に忘れていた言葉。

良いところを見つけ伸ばす、たったそれだけでアジアで勝てるようになった。
自信を持たせることを徹底してやってくれた。
日本(代表)にとって大きな転換点となった。

得点王になった年、32得点(50試合で)。
それまでの2年間は年間で3~5得点。
なぜ急に増えたか?
サッカーというものを理解したから。
90分の内ボールを持っている時間はせいぜい2~3分。
87~88分はボールに触っていない時間。
この時間に「準備」ができているかが重要。
「準備」とは周りを信じボールが来なくても、良い(シュートし易い態勢が取れる)ポジションを取り続けること。
これに気が付くと点が取れるようになるが得点王にはなれない。
これに加え「切り替え」が必要
失敗した後にいかに早く切り替えられるか。
シュートは8~9本に1本しか得点にならない。
ほとんどが失敗。
だから決定的チャンスを失敗してもいかに早く切り替えて忍耐強く準備して待つことができるかどうかが大事。
切り替えは試合前から最悪を想定して準備できること。
自身は元来とても苦手だった。

引退後の現在。
テレビに出て解説なども。
「解説者 松木安太郎氏」は「応援解説」という解説の新ジャンルを開拓された。
いきなりああなったのではなく、ちゃんとした解説をやられていてあそこに行きついた。
つまり基礎基本があってオリジナルを生みだしたスゴイ人
目的とその為の方法をきちんと理解されているからこそ成功された。

サッカー指導者として子供たちに教えている。
「どうやったら上手くなれますか?」と訊かれる。
それにどう答えるか。
「たくさん練習すること」
そのために何をどうするか?
練習できる体力が必要で、そのために寝ることと食べること(睡眠と栄養)が重要。

特に食事は楽しくすることでより栄養が吸収できる。

練習の時にすること3つ。
①観る・・・真似することで技術が身に付く
②考える・・・なぜ成功したか、なぜ失敗したか、特に後者を
③探す・・・誰にも負けない自分の得意な“ある(持っている)”ものを
③がプロにとって最も大切。
これを磨くことで「自信」が付き「勇気」が沸き、「目標」が見つかり、「やりがい」が見つかる。

プロの世界でやっていくためには「運」
待っていても来ないので自分で引き込まなければいけない。
引き込むには3つ。
①「思い込む」(事実を受け止め良い方に前向きに捉える)

②「今最善を尽くす」(今変えないと未来は変わらない)
③「笑顔」(強張っている時は力んで実力を発揮できない)
③が最も重要。
難しい顔の人には近付きたくない。
笑顔の時に人はリラックスしている。
そして笑顔の人の周りに人が集まり情報も運も寄ってくる
と「笑顔」で講演を終えられた。

子供たちにも大人たちにも十分過ぎるほど心に響いたのではないかと思う。
もちろん経営者に共通する課題解決に向けた気付き、トップとしての資質・姿勢やメソッドを選手時代から現在の指導者という立場を通じての普遍的な深いメッセージ性を感じられた心に残る講演だった。

聞き易い声質で話も上手で論理的に進められるのでとてもわかり易く、私は「第二の松木安太郎」にぜひなって頂きたいと思いました。
控室でも笑顔で接して下さり爽やかなスポーツマンというイメージそのままの先生でした。
今後は経営者向けの講演の需要が増えること間違いなしだと思います。
元アスリートの講師の講演を聴く度に、「スポーツを通じてしか伝えられないものが確かにある」ということを再認識させられます。
聴衆の対象を問わずオールマイティに柔軟に内容を変えて頂けるので、是非お聴き頂きたいお薦め講師のお一人です

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。