講師:大住 力

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 大住 力|講師画像1

大住 力おおすみ りき

職業/現職

一般財団法人ソコリキ教育研究所 所長

肩書き/役職

公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を 代表
東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるボランティアサポートセンター・アドバイザー(人材教育担当)
株式会社ハウステンボス元顧問
国立富山大学非常勤講師
東京家政大学非常勤講師
山野医療専門学校元講師
ほか

  • 人材育成
  • 接客・接遇
  • 地域コミュニティ・ボランティア・防犯・防災
略歴

東京ディズニーランド等を管理・運営する株式会社オリエンタルランドに入社し、約20年間、人材教育、東京ディズニーシー、イクスピアリなどのプロジェクトの立ち上げや運営、マネジメントに携わる。
東京ディズニーリゾート全般のマーケット戦略・コンテンツ開発や、人材教育の領域では、現場の組織活性を目的にディズニーランドの創始者であるウォルト・ディズニー氏の研究会を立ち上げ、そのリーダーとして現場の指揮向上に努めた。

現在は、難病と闘う子どもとその家族への応援を目的とした(非営利組織)「難病の子どもとその家族へ夢を」を、2010年3月に設立し、代表を務める。2012年11月に内閣府に公益性を認められ、公益社団法人となる。
「“いま”を生きる」をテーマに、難病と闘う子どもと家族への応援と共に、誰もが持っている「底力(ソコリキ)」を応援するべく、一般社団法人ソコリキ教育研究所も開設。
教育現場から、企業の人材育成研修や刑務所の受刑者矯正教育、また講演活動など幅広く活動している。

1990年 株式会社オリエンタルランド入社。ゼネラルサービス部カストーディアル課に配属。
1993年 新パーク事業部に異動。「東京ディズニーシー」、「イクスピアリ」など、ビッグプロジェクトの立ち上げや運営、マネジメントに携わる。その後、人材教育、経営企画など、20年間ディズニーランドの最前線から中枢まで、さまざまな仕事を経験する。また、社内で「ウォルト・ディズニー研究会」を立ち上げ、現場スタッフのモチベーションアップや、ディズニー哲学の浸透に尽力する。
2009年 同社を退社。

2010年 難病を患う子どもと家族への支援を目的とした(非営利組織)「公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」設立、代表を務める。同法人はアメリカの「ギブ・キッズ・ザ・ワールド」日本唯一の運営団体として誕生。
聖路加国際病院理事長・同名誉院長の日野原重明氏と、一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏が最高顧問を務める。
法人名「公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」は、日野原重明氏が命名。
難病を患う子どもとその家族との永続的な交流を基に“家族”“いのち”“しあわせ”を社会で共に考え、育み合い、活動することで、女性力の向上、少子高齢化社会対策、ダイバーシティ対策、クオリティー・オブ・ハピネス(QOH)の価値観の創出を促すことを目的としている。
2012年 「一般社団法人ソコリキ(底力)教育研究所」を設立、代表となる。「ディズニーのやり方は、あらゆる企業や人に応用できる。決して特別なものではない」という理念のもと、大手企業から中小企業、学校、病院などに、マネジメント、ホスピタリティ、コミュニケーション、モチベーション、理念浸透などをテーマとした研修や講演を提供。その活動が注目され、ハウステンボス株式会社の再生事業に顧問として参画する。本事業の収益金を、前述の公益法人へ「寄付」することによって、活動団体の体力を増強していくビジネススキームを構築。
「あなたの会社の社員研修が、社会貢献に繋がる」をテーマに、企業の参画観も醸成している。
2014年 代表を務める「公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」が、国際ビジネス賞2014年スティーヴィー賞金賞受賞。

2016年 公益法人の活動に参加した3家族を追ったドキュメンタリー映画「Given ~いま、ここ、にある しあわせ~」で、初の映画の企画・総指揮として制作、作品は全国で劇場公開となる。「厚生労働省社会保障審議会児童福祉文化財」としての推薦、「神奈川県推薦映画」としての推薦を得る。
2017年 同作品が第6回(2017年度)「日本医学ジャーナリスト協会賞」映像部門において大賞を受賞する。
2018年 日野原重明氏が生前、全国の小中学校を対象に実施した「いのちの授業」の活動を永続的に繋ぎ、全国の小学校で「いのちの授業」プロジェクトを開始。
東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるボランティアサポートセンター・アドバイザー(人材教育担当)に就任。

<その他>
ドキュメンタリー映画「Given ~いま、ここ、にある しあわせ~」企画・総指揮 

企画担当者からのオススメポイント

ウォルト・ディズニーの考え方や精神をテーマにもありますが「もし店長だったら」といった設定でとてもわかり易く伝えて下さいます。
もちろんディズニートリビア満載で「へぇ~」の連続。
ディズニーならではのとっておきの感動秘話もあり、まさしく「講演のディズニーワールドや~(彦摩呂さん風)」です。
25000人の内90%がアルバイトというディズニーの人材育成を長年担当されただけあり、実際にディズニーで行われているワークも講演(研修)内で可能です。
新人・中堅・幹部問わず、また経営者向けの内容でのアレンジも可能です。
豊富な経験と実績、そして広く深い知見にウォルト・ディズニースピリッツを加え、何拍子も揃った内容はリクエストにお応えしカスタマイズして頂くことができます。
きっと「良い話が聞けたなぁ」とオーディエンスにご満足頂ける講演会(研修)になることでしょう。
お気軽にご相談ください。

受賞暦

国際ビジネス賞2014年スティーヴィー賞金賞(公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を)
第6回(2017年度)日本医学ジャーナリスト協会賞 映像部門 大賞(ドキュメンタリー映画「Given ~いま、ここ、にある しあわせ~」)

講演テーマ もしもディズニーが店長だったら

講演テーマ ディズニー流 職場をイキイキとした場所に変える方法

講演テーマ ディズニーから「難病の子どもとその家族」へ(家族・いのち・しあわせ)

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

NHK教育テレビ「福祉ネットワーク」(2011年5月)

ラジオ番組出演歴

~しあわせの対話ラジオ~「大住力のGive Happiness」2014年10月~2015年9月)

著書・出版物
著書・出版物

『マンガでよくわかる ディズニーのすごい仕組み』(かんき出版)

『ディズニーの最強マニュアル』(かんき出版)

『ディズニーの現場力』(かんき出版)
『一生の仕事が見つかるディズニーの教え』(日経BP社)
『もしもディズニーが店長だったら』(日経BP社)
『わたしは いま とても しあわせです』(ポプラ社)


論文/ 記事/ 雑誌

朝日新聞「ひと」(2016年4月22日)
『週間ホテルレストラン HOTERES』連載
「マジカル☆チーム・組織の創り方 組織変革&活性でイキイキ&ワクワク!」(2015年8月~現在)


CD/DVD

『ディズニーの最強マニュアル 研修DVD』(かんき出版)


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。