講師:前嶋 和弘

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 前嶋 和弘|講師画像1

前嶋 和弘まえしま かずひろ

職業/現職

上智大学総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

生年月日 1965年
出身地 静岡県
出身校(大学)

上智大学外国語学部英語学科
ジョージタウン大学大学院政治学部
メリーランド大学大学院政治学部

  • 政治国際問題
略歴

1965年生まれ。静岡県出身。
上智大学外国語学部英語学科卒業、
ジョージタウン大学大学院政治学部修士課程修了(MA)。
メリーランド大学大学院政治学部博士課程修了(Ph.D.)。

アメリカ政治外交の専門家。複雑な状況を分かりやすく分析。
現在、上智大学総合グローバル学部教授。
 

講演テーマ アメリカ政治外交の現在と世界、そして日本

アメリカ政治の現状を分析したうえで、国際関係上の大きな変化や日本の取るべき姿を考えます。

講演テーマ アメリカ国内政治・社会の変化と今後

アメリカ国内政治・社会の変化について、その現状と今後の影響などについて考えます。

講演テーマ アメリカの特定の政治争点、選挙動向について

アメリカの特定政治争点(争点については相談可能)、選挙動向などについて、テーマを絞ったうえで検証・分析します。

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

NHK 「日曜討論」、「ニュースウォッチ9」、「週刊ニュース深読み」、「ニュースチェック11」
TBS 「ひるおび!」、「Nスタ」、「あさチャン!」、「NEWS23」、「サンデーモーニング」
日本テレビ 「スッキリ」、「news every.」、「ZIP!」、「Oha!4 NEWS LIVE」
フジテレビ 「FNNプライムニュースα」、「報道プライムサンデー」、「めざましテレビ」、「情報プレゼンター とくダネ!」、「直撃LIVE グッディ!」
テレビ朝日 「報道ステーション」、「サンデーステーション」、「ワイド!スクランブル」、「モーニングショー」、「ビートたけしのTVタックル」
ABC 「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」
YTV 「情報ライブ ミヤネ屋」、「そこまで言って委員会NP」
MBS 「ちちんぷいぷい」
CBC 「ゴゴスマ ~GO GO!Smile!~」
BSフジ 「BSフジLIVE プライムニュース」
BS-TBS 「週刊報道LIFE」、「外国人記者は見た+日本inザ・ワールド」
BS日テレ 「深層NEWS」
BS11 「報道ライブ インサイドOUT」
BSジャパン 「BSニュース 日経プラス10」、「日経プラス10サタデー ニュースの疑問」
TBS NEWSBIRD 「ニュースの視点」、「2016年大統領選挙開票速報」、「米朝首脳会談速報」

ラジオ番組出演歴

NHKラジオ 「先読み!夕方ニュース」、「ラジオあさいちばん」
TBSラジオ 「荻上チキ・Session-22」、「荒川強啓デイ・キャッチ!」
文化放送 「斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI」
RCCラジオ 「本名正憲のおはようラジオ」
J-WAVE 「Jam the WORLD」、「STEP ONE」
TOKYO FM 「TIME LINE」

著書・出版物
著書・出版物

『オバマ後のアメリカ政治 2012年大統領選挙と分断された政治の行方』共編著(東信堂 2014年)

『ネット選挙が変える政治と社会 日米韓にみる新たな「公共圏」の姿』共編著(慶應義塾大学出版会 2013年)

『アメリカ政治とメディア 「政治のインフラ」から「政治の主役」に変貌するメディア』(北樹出版 2010年)
など


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。