講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

松田 卓也

松田 卓也 まつだ たくや

職業/現職
ブロードバンドタワーAI2オープンイノベーション研究所所長
神戸大学名誉教授
肩書き/役職
理学博士
  • AI(人工知能)・IoT・ICT・先端技術

略歴

京都大学理学博士。
宇宙物理学者で日本天文学会理事長を務めた。

近年はシンギュラリティ・サロンを主宰してシンギュラリティ問題について発信している。
また汎用人工知能解明に向けて、計算論的神経科学の勉強会「不敵塾」を主催している。

講演テーマ

講演テーマ 迫りくるシンギュラリティと人類の未来

講演テーマ 汎用人工知能開発と世界覇権のゆくえ

講演テーマ AIと私たちの未来

現在、人工知能(AI)が猛烈な勢いで進化している。
2016年にはディープマインド社の人工知能アルファGoが囲碁の世界チャンピオンを破った。
それ以後の進歩も目を見張るものがあり、2017年にはアルファ・ゼロは囲碁、将棋、チェスでそれまで最強であったAIプログラムに圧勝した。
アルファ・ゼロは3000年に及ぶ人間の囲碁の歴史をたった8時間で駆け抜けたのである。
もはや人間の出る幕ではない。知的活動における人間の領分は今後ますます侵されるであろう。
AIとロボットによる技術的失業が心配されている。
それでは人間にしかできない、または人間のほうがよい仕事とはなんだろうか。
その一つに創造的な仕事がある。
たとえば科学者、芸術家、医師、弁護士などの仕事である。
しかしその分野における人間の優位性も、10-20年程度で失われていくであろう。
人間は社会的動物であり、人間同士の接触を好む。
それは機械には不得意な分野であり、接客業のような感情労働の分野は当面は安泰であろう。
医師にも頭の良さよりは人間のよさが求められる時代が来るだろう。
国家や会社の意思決定といった仕事は、たとえAIのほうがうまくやれるとしても、彼ら指導層は既得権を手放さないであろうから、これも当面は安泰な職業かもしれない。
当面という意味は、20-30年ということだ。
アメリカの未来学者レイ・カーツワイルは、2045年にはシンギュラリティがやってくるという。
シンギュラリティの定義はさまざまだが、カーツワイルによれば、その後、人間は人工知能と一体化したサイボーグになるだろうという。
これをポスト・ヒューマンとよぶ。
イスラエルの著名な歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリは講演会で「皆さんは人類最後の世代です、22世紀に地球を支配しているのは人間ではない存在でしょう」とまでいう。
人間ではなくとも人間の末裔であってほしいと思う。
現在は人類史上の特異な時点なのである。

著書・出版物
著書・出版物

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]9:00~18:00
[定休日]土日祝日
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴45年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル