講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

小島 慶子

小島 慶子 こじま けいこ

職業/現職

エッセイスト
タレント
東京⼤学⼤学院情報学環 客員研究員

肩書き/役職
朝日新聞社 パブリックエディター
生年月日 1972年
出身地 オーストラリア
出身校(大学)
学習院大学
  • ダイバーシティ・働き方改革
  • コミュニケーション・話し方
  • 学校・教育
  • キャスター・アナウンサー

略歴

1972年オーストラリア生まれ。
幼少期は日本のほか、シンガポールや香港で育つ。
学習院大学法学部政治学科卒業後、1995年にTBSに入社。アナウンサーとしてテレビ、ラジオに出演する。
1999年、第36回ギャラクシーDJパーソナリティー賞を受賞。
ワークライフバランスに関する社内の制度作りにも長く携わる。
2010年に退社後は各種メディア出演のほか、執筆・講演活動を精力的に行っている。
『AERA』『VERY』『日経DUAL』など連載多数。
現在は東京大学大学院情報学環客員研究員として、メディアやジャーナリズムに関するシンポジウムの開催など
も行っている。

10代~20代で摂食障害、30代で不安障害を経験し、40歳を過ぎてから発達障害の一つである軽度のADHDと診断
されたことを公表。
自身の経験を通じて、病気や障害についても積極的に発信している。
2014年より、オーストラリア・パースに教育移住。
夫と二人の息子はオーストラリアで生活し、自身は日本に仕事のベースを置いて、日豪を行き来している。

2015年3月、朝日新聞社パブリックエディター就任。

講演レポート

企画担当者からのオススメポイント

アナウンサーならではの語り口で大変聞き取りやすいです。
ご自身の経験を踏まえたワークライフバランスに関するお話は、男女問わずお聞きいただきたい内容です。
 
オンライン講演可能です。

その他プロフィール・実績等

受賞暦

第36回ギャラクシー DJパーソナリティ賞

講演テーマ

講演テーマ これからの男⼥の働き方、生き方

今や共働きが当たり前の時代です。結婚や出産のタイミング、育児と仕事の両⽴など、⼥性の悩みは尽きません。また男性も、仕事だけでなく家事や育児もするのが当たり前になりました。親世代のやり⽅が通⽤しなくなった今、男⼥が互いに理解し合いながら、仕事と家庭を両⽴させるにはどうすればいいのでしょうか。⾃らも共働きから⼤⿊柱へと変化を経験し、働きながら家族と幸せに⽣きることを真剣に考えてきた経験から、わかりやすく前向きな提⾔をします。

講演テーマ ハラスメントのない社会にするために

職場でのいじめや性的な嫌がらせなどが、最近ではハラスメントとして「あってはならないこと」だと認識されるようになりました。では、そもそもハラスメントとは何なのでしょうか。どんな種類があり、どうしたら防げるのでしょうか。誰しも無意識のうちに、ハラスメントをしたり、傍観してしまうことがあるかもしれません。被害者を守るだけでなく、⾃分の中にもあるハラスメントの芽に⾃覚的になって「もうやめよう」と⾔うことが⼤切です。
テレビ局に勤めていた頃の⾃らの経験談を交えて、ポジティブに「ハラスメントのない社会にしよう」というメッセージを伝えます。

講演テーマ 人生はああもこうも生きられる

10代から20代は摂⾷障害、30代は不安障害に悩んだ⾃⾝の体験を踏まえ、親⼦関係に悩んだ⽇々や、仕事に馴染めなくて苦しかった⽇々、⼦育てが不安で苦しかった⽇々などを振り返ります。40代になってから、夫が仕事を辞めるという予想外の出来事が起きました。その変化を前向きに捉えて⼀家でオーストラリアに移住することを決意。⼈⽣は思い通りにならないけれど、⼀歩踏み出せばこそは奈落の底ではなく、案外地続きなのです。

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

NHK 「あさイチ」
NHK Eテレ 「ハートネットTV」
NTV 「ザ!世界仰天ニュース」、「スッキリ」
TBS / MBS 「情熱大陸」
CX 「ノンストップ!」
他多数

著書・出版物
著書・出版物
論文/ 記事/ 雑誌

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]9:00~18:00
[定休日]土日祝日
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴45年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル