講師:沢松 奈生子

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 沢松 奈生子|講師画像1

沢松 奈生子さわまつ なおこ

職業/現職
元プロテニスプレーヤー
肩書き/役職
テニス解説者
スポーツコメンテーター
東レPPOテニストーナメントアンバサダー
ワールドマスターズゲームズ2021関西大会評議員
出身地 兵庫県
出身校(高校)
夙川学院高等学校
  • スポーツ
略歴

小学生時代は親の海外転勤に伴い、ドイツで生活、現地のスポーツクラブで色々なスポーツを体験。
帰国後は、日本国内のテニスのジュニアタイトルを多数獲得、夙川学院高校では、1988年(高校1年生)15歳6ヵ月で、全日本テニス選手権の女子シングルスに優勝。また、四大大会の日本人最年少勝利記録など、数々の記録も保持。四大大会は「34大会」本戦にストレートイン。

オリンピックには、1992年バルセロナ五輪と1996年アトランタ五輪の2度出場。
WTA女子プロテニスツアーでシングルス自己世界最高ランキング14位。シングルス優勝4回。

1995年の全豪オープンの期間中、阪神淡路大震災が発生、自宅は全壊の被害に遭ったが、家族は奇跡的に全員無事。しかし発生から数日間、被災地とは全く連絡がつかず、関東在住の叔母・吉田和子氏の叱咤激励を受けての戦いだった。その最中、この全豪オープンでベスト8に進出。四大大会の自己最高成績を記録した。

祖先は伊予大洲藩士、明治に入り松山に住み、高祖母は日本に入ったばかりの野球を通じて正岡子規氏と交流があった。曽祖父は関西に移り住み、貿易会社を起業。海外顧客の接遇のために、自宅にテニスコートを設け「テニスの澤松家」の祖となる。
母・順子氏と叔母を育てた名コーチ、祖父・豊氏は、長く日本のテニスの発展に寄与した功績により瑞宝双光章叙勲。
叔母・和子氏はアン清村氏とのペアで、1975年ウィンブルドン女子ダブルスで日本人初の四大大会優勝、母も和子氏とのペアで1970年同大会女子ダブルスベスト8、父・忠幸氏もウィンブルドンの土を踏んでいる。

現在は、テニス解説者・スポーツコメンテーター。
テレビでは、TBS系の朝のニュース番組「あさチャン!」、MBSの人気番組「ちちんぷいぷい」にレギュラー出演。
東レ・パンパシフィック・オープンテニスでは大会アンバサダー、またワールドマスターズゲームズ2021関西大会の評議員を務める。
 

受賞暦

インターハイ 優勝(個人・団体)
全日本テニス選手権女子シングルス 優勝(初出場)
全豪オープン ベスト8
WTA女子プロテニスツアー シングルス 優勝4回
シングルス自己世界最高ランキング 14位(日本ランキング 1位)

講演テーマ ウィンブルドンの風に誘われて ~世界への挑戦~

講演テーマ ウィンブルドンの風に誘われて ~テニスを通してみた日本と外国~

講演テーマ ウィンブルドンの風に誘われて ~テニスと通じた母と子の教育​~

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

<レギュラー出演>
TBS系列「あさチャン!」
MBS「ちちんぷいぷい」

お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。