講師:野口 誠一

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 野口 誠一|講師画像1

野口 誠一のぐち せいいち

職業/現職 八起会 会長
株式会社ノグチプランニング 代表取締役
生年月日 1930年
出身地 東京都
出身校(大学) 日本大学
  • 経営実践・経営全般
  • リスクマネジメント
略歴
1930年 東京生まれ。日本大学卒業。
1955年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名、月商150万でスタートし、2年後10倍の月商1,500万に急成長。
     しかしドルショックと放漫経営がたたり、
1977年 倒産。

1978年 「倒産者の会」設立を呼びかけ「八起会(やおきかい)」を興す。
    「倒産110番」を中心に再起・整理・人生相談まで無料奉仕。

1984年 株式会社ノグチプランニング設立。再起を計ると同時にテレビ・ラジオ・新聞・月刊誌に精力的に、又1ヶ月のうち半分は全国各地で講演活動を行っている。

講演テーマ 勝ち残る経営 -倒産の修羅場を体験して-

講演テーマ 倒産社長の欠点に学ぶ商売のタブー

講演テーマ 興す社長と潰す社長の違い

著書・出版物
著書・出版物 『不況だから倒産するのか? 倒産の法則 再起の哲学』(佼成出版社)
『家族の力 「自殺防止の会」が体験した家族愛の30年』(祥伝社新書)
『幸せをあきらめない』(致知出版社)
『こんな社長が会社をつぶす!』(日本実業出版社)

論文/ 記事/ 雑誌 『倒産招く経営者の甘さ(再起は心の転換から)』

八起会を主宰していて感じることは、相談にお見えになるのがおそすぎるということである。「せめて三ヵ月前に整理していればなあ」というケースが何と多いことか。倒産に追い込まれると、想像を絶する苦しみを味わうことになる。そんな時、100%といっていいくらい自殺を考えるような苦しみに襲われるのである。したがって倒産だけは絶対に避けなければならないし、万全に万全を期すぐらいの体制づくりを心しておかねばならない。

結論は、すべて甘さにあるといってもいい。自分に対する甘さ、社長としての自覚が足りなかったというところである。
しかし倒産者は立ち上がらねばならない。生活環境を変え、心の転換をはかり、決して焦らず、それぞれの後半生をより充実したものにしようと期さねばならない。

「八起会に入ってよかった」「おかげさまで……」という話を聞くたびに、この会を更に充実して行かねば、と心をひきしめている毎日である。
かつてもうかっている時は自分のためだけに楽しんでいた私だが、倒産して初めて周囲の人のことを考えるようになった。皮肉なものだと思う。
しかし、これも自分に与えられた修練の場だと考え、今日、明日を精一杯生きてみようと考えている。

読売新聞“論点”より(1985年6月22日)
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。