講師:小林 至

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 小林 至|講師画像1

小林 至こばやし いたる

職業/現職 江戸川大学教授
肩書き/役職 サイバー大学 客員教授
福岡ソフトバンクホークス株式会社 顧問
日本スポーツ産業学会 会員
NPO法人一橋総合研究所 会員
北米スポーツマネジメント学会 会員
生年月日 1968年1月30日
出身地 神奈川県
出身校(高校) 神奈川県立多摩高等学校
出身校(大学) 東京大学 経済学部経営学科
コロンビア大学大学院 経営学修士課程
  • スポーツ
略歴
<学歴>
1986年 神奈川県立多摩高等学校 卒業
1987年 東京大学経済学部文科Ⅱ類 入学
1992年 東京大学経済学部経営学科 卒業
1995年 コロンビア大学大学院経営学修士課程 入学
1997年 コロンビア大学大学院経営学修士課程 修了 MBA(経営学修士号)取得

<職歴>
1992年 千葉ロッテマリーンズ 入団
1993年 千葉ロッテマリーンズ 退団
1996年 The Golf Channel(フロリダ州・オーランド) 入社
     同時通訳者、翻訳者、コメンテーター
2000年 The Golf Channel 退社
2002年 江戸川大学社会学部 助教授(~2006年3月31日)
     担当講義:経営学、スポーツ経済学、経営統計学、ゼミナール、海外経営研修
2005年 福岡ソフトバンクホークス株式会社 取締役(~2011年12月31日)
2005年 福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社 取締役(~2014年2月28日)
2006年 江戸川大学社会学部 教授(現在に至る)
2008年 サイバー大学 客員教授(現在に至る)
2012年 福岡ソフトバンクホークス株式会社 海外兼中長期戦略 担当部長(~2014年2月28日)
2014年 福岡ソフトバンクホークス株式会社 執行役員球団統括本部 副本部長(~2014年12月31日)
2015年 福岡ソフトバンクホークス株式会社 顧問(現在に至る)

<略歴>
1992年に千葉ロッテマリーンズからドラフト8位指名を受け入団。東京大学史上3人目のプロ野球選手となるもプロ2年間で1軍登板はなく、1993年に自由契約となり現役引退。
翌年から2000年まで渡米。コロンビア大学経営大学院でMBA(経営学修士号)取得。
その後フロリダ州のテレビ局(ゴルフチャンネル)に就職。通訳、翻訳、解説などに従事。

2005年、著書「合併、売却、新規参入。たかが…されどプロ野球!」の取材の縁で渡邉恒雄氏(読売新聞主筆)から孫正義氏に紹介があり、福岡ソフトバンクホークス取締役に就任。
パ・リーグ6球団の事業会社(PLM)の初代執行役員や、NPB12球団共同事業のプロジェクトチームでは座長を務め、侍ジャパンや事業会社構想などの提案書をオーナー会議で提出。
2010年からは王貞治球団会長指導のもと、フロント実務の責任者としてチームづくりに携わる。
他球団の主力や外国人選手を積極的に補強、さらに信賞必罰の年棒制度や、球界初となる三軍制の導入するなど、刺激的な活性策を講じる。
2014年、日本一を奪回できたこと、勤続10年という節目になることから福岡ソフトバンクホークスを退任。

<学会および社会活動>
2002年 競輪自治体懇談会委員(~2002年12月31日)
2002年 国際安全保障学会(~2011年3月31日)
2003年 日本スポーツ産業学会(現在に至る)
2003年 NPO法人一橋総合研究所(現在に至る)
2003年 北米スポーツマネジメント学会(現在に至る)
    (MASSM:North American Society for Sport Management)
2006年 福岡五輪招致アドバイザー(~2006年8月31日)
2006年 モバイル放送番組審議委員(~2009年3月31日)
2007年 東京都スポーツ振興審議会委員(~2009年12月31日)
 

講演テーマ へこたれない人生

<テーマにかかわらず共通する内容>

偏差値40台から目指した東大受験に始まり、負け続けた東大野球部時代、1軍にあがれなかったプロ野球選手時代、コロンビア大学のMBA、アメリカで現地採用のサラリーマン、大学教授、ホークス取締役…抜擢と挫折と復活を繰り返し、波乱万丈に過ごしてきました。
それぞれの局面で学んだことを、エピソードを交えてお話しします。

道中、縁あって、手を差し伸べてくださった方々のなかには、金田正一さん、渡邉恒雄さん、孫正義さん、王貞治さんなど、立志伝中の方々もいらっしゃいまして、偉人から学んだ「生き方「哲学などについても触れていきます。

7年間の滞米生活を通じて得た日米文化の違い、日米プロ野球経営形態の違いについて。
また日本のプロ野球再建のために何が必要なのかを、研究と実践をもとにした視点でお話しします。
 

講演テーマ “前向き思考”が人生を変えた

講演テーマ グローバル化とスポーツビジネス

メディア出演歴
テレビ番組出演歴 TOKYO MX 「モーニングCROSS」コメンテーター
NHK 「サンデースポーツ」プロ野球の未来を考える会議
NHK BS 「BSディベート~どこへ向かうプロ野球改革」
NTV 「ニュースプラス1」
TBS 「R30」
CX 「ネプリーグ」
CX 「週刊フジテレビ批評~頑張れ!プロ野球」
EX 「サンデープロジェクト」
EX 「報道ステーション」
EX 「朝まで生テレビ~激論!日本のプロ野球はどこに行くのか」
EX 「プロ野球開幕スペシャル~朝まで生討論会」
EX 「くりぃむVS林修!クイズサバイバー」
BS-TBS 「クイズ!日本なんでも奥深データ」
千葉テレビ 「捕手里崎智也のビジネス配球術」レギュラー
グリーンチャンネル 「競馬場の達人」
ラジオ番組出演歴 ニッポン放送 「日曜競馬ニッポン」
J-wave 「プライムアングル」
著書・出版物
著書・出版物 『合併・売却・新規参入。たかが…されどプロ野球』(宝島社 2004年)
『アメリカの傲慢スタンダードに飲み込まれる日本』(オーエス出版社 2003年)
『アメリカ人はバカなのか』(幻冬舎 2003年)
『僕の落第野球人生』(NHK出版 1994年)
『僕はアメリカに幻滅した 繁栄の陰でいま何が起こっているのか?』(太陽企画出版 2000年)
『不幸に気づかないアメリカ人 幸せに気づかない日本人』(ドリームクエスト 2001年)
『プロ野球ビジネスのしくみ』(宝島社 2002年)

論文/ 記事/ 雑誌 ◆学術論文
「スポーツ球団と地域経済との正しいありかたを築くために」
「産業としての日本のプロ野球とマネジメント」

◆主な口頭発表(特別講義を含む)
「幸せに気づかない日本人」
「現代アメリカ社会の偽らざる姿」
「日米スポーツビジネスを探る」
「アメリカの模倣は日本をダメにする」
「スポーツビジネスの明日に向けて」
「プロ野球再編問題と企業経営のありかた」
「プロ野球再編問題から将来展望まで」
「感動を与えるプロスポーツビジネスの事業戦略」
「プロ野球新時代」
「アメリカのプロスポーツと日本のプロ野球」
「地域密着型企業福岡ソフトバンクホークスの戦略」
「プロ野球球団のマネジメント」
「私は負けない~四度の大敗から学んだこと」
「人生の選択~プロ野球から学問の世界へ」
「目標を掴み取る力」
「へこたれない人生」
「一歩踏み出す勇気を持とう」
「思ったことは言ってみよう、やってみよう」

◆その他の主な論文
「アメリカを知れば知るほど日本が愛おしくなる」
「日本野球の実力はどの程度か」
「税金を使うほど、地域に愛されている」
「大リーグの年棒がプロ野球の4倍になる理由」
「スポーツビジネスと地域貢献」
「ITベンチャーは野球をどう変えるか」

◆主な取材記事、エッセイ、コラム、掲載など
「負け犬の遠吠え~野球人生回顧録」(東京スポーツ)
「インサイドUSツアー~米プロゴルフツアー分析レポート」(スポーツニッポン)
「小林至のフロリダ便り~米国ゴルフビジネスのレポート」(週刊パーゴルフ)
「アメリカ生活直球勝負~エッセイ」(CNN English Express)
「アメリカスポーツの常識と非常識」(日刊ゲンダイ)
「私の自分の磨き方」(リクルート仕事の教室)
「それでも僕は政治に幻滅していない~参議院選挙敗戦記」(月刊プレーボーイ)
「Sideway Look~スポーツ関連エッセイ」(アスラ)
「小林至のスポーツレビュー」(朝日新聞電子版)
「研究日本ハム球団」(スポーツニッポン)
「悲しみと歴史のインディアン居留地」(わしズムVol.9)
「世界百一話~社会時評」(時事通信社)
「ここだけの話~社会時評」(日経キャリアマガジン、日経BP)
「小林至の劇球ど真ん中~プロ野球ビジネスの評論」(スポーツニッポン)
「スポートピア」(日本経済新聞)
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。