講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

岡田 晃

岡田 晃 おかだ あきら

職業/現職
大阪経済大学客員教授(大学院経済学研究科、経済学部)
経済評論家
肩書き/役職

「産業遺産国民会議」発起人
「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」運営委員

生年月日 1947年
出身地 大阪府
出身校(大学)
慶應義塾大学経済学部
  • 経済・金融・税
  • 文芸・教養

略歴

1947年 大阪市に生まれる
1971年 慶應義塾大学経済学部卒業
  同年 日本経済新聞入社
     松山支局、産業部など
1987年 編集委員
1991年 テレビ東京出向
     「ワールドビジネスサテライト(WBS)」マーケットキャスター
1994年 テレビ東京 経済部長
     「WBS」プロデューサー
     各種経済番組のプロデューサー、キャスター、コメンテーター
1998年 テレビ東京 NY駐在(~2003年)
     NY支局長、テレビ東京アメリカ(米国現地法人)社長
2003年 テレビ東京理事・解説委員長
2006年 テレビ東京退職
  同年 経済評論家として独立、大阪経済大学大学院客員教授に就任(~現在)

2007年~2010年 埼玉大学経済学部非常勤講師

<その他の活動・所属団体など>
景気循環学会
経済教育学会
日本記者クラブ
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク

<オフィシャル・ウェブサイト>
「岡田晃の快刀乱麻」 http://okada-akira.jp

<オフィシャル・ブログ>
「経済のここが面白い!」 http://ameblo.jp/okada-economics/

 

講演テーマ

講演テーマ コロナ危機を乗り切る――2021世界経済と日本経済の見通し

コロナの感染拡大によって日本経済は危機に直面している。しばらくは厳しい状況が続きそうだ。しかしそんな中にあって未来につながる新しい構造変化が起きていることに注目している。デジタル化の加速、新しい生活様式への対応、グローバル・サプライチェーンの再構築など。それらはアフターコロナ時代の日本経済復活の原動力にもなるものだ。
実は、アベノミクスによって日本経済はかなりの程度の回復を見せ、日本企業は競争力を取り戻しつつあった。コロナ禍においてもそうした日本経済と企業の底力自体が失われたわけではない。実際、現在でも増収増益や最高益を続ける企業は少なくない。菅新政権が「コロナ感染拡大防止と経済回復の両立」をめざし改革をスタートさせたことも期待できる。日本人は幕末・明治以来、何度も危機に直面しながらもそれを乗り越え、むしろ強くなってきたという歴史がある。岡田はそれを「150年のDNA」と名付けている。今、我々はそのDNAを受け継いでコロナ禍に打ち克ち、必ず復活できると確信している。

講演では、そうした経済実態について具体的なデータと現場取材の成果をもとに、独自かつ前向きな視点でわかりやすく解説する。悲観論ではなく、危機克服の先に希望が持てるような講演を信条としている。
岡田は1971年以来、日本経済新聞の記者を経て、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」をはじめ経済番組のキャスター、プロデューサー、コメンテーターをつとめ、長年にわたり内外のマクロ経済から企業ミクロ、そして市場の動きを取材し報道してきた。
日経時代には、当時としてはいち早く「高齢化社会」をテーマにした年間連載企画を手がけ(おそらくメディア初)、以来このテーマをフォローし続けている。
テレビ東京時代には米国に5年間駐在し、米国経済と国際情勢の動きにも詳しい。経済評論家として独立後も、米国や欧州にたびたび取材に出かけている。
一方、地方へもたびたび取材にでかけており、地方経済の実情に詳しい。常に日本経済全体と地方の動きを関連付けて分析している。
講演では、そうした豊富な経験に基づく幅広い視点をもとに、日本経済復活の道筋を展望する。講演を聞いた人たちに元気になってもらうことが岡田のモットーだ。

講演テーマ アフターコロナ時代の経営――ここが違う!コロナ禍でも最高益の秘密

日経とテレビ東京時代を通じて長年、数多くの企業を取材し、インタビューした経営者の数は数えきれない。
また大阪経済大学では、社会人を対象にした公開講座「北浜・実践経営塾」を毎月開催、産業各分野の経営者(またはOB)をゲスト講師に招いて、自社の経営や経験談、経営哲学などについて語っていただいており、その講師選定を含めコーディネーターをつとめている。
コロナ禍においても、さまざまな企業の動きをフォローしている。
講演ではそのような長年の経験や現在の活動をもとに、企業経営やビジネスの実例、特にアフターコロナに向けた経営のあり方について、さまざまな切り口でお伝えする。

講演テーマ ピンチをチャンスに変えた先人――渋沢栄一に学ぶ危機突破力と日本経済再生の展望

日本はこれまで何度も疫病の流行に見舞われたほか、火事、地震、飢饉、さらに経済危機や植民地化の危機などさまざまな危機に直面したが、そのたびに先人たちはそれらの危機を乗り越え新しい時代を切り開いてきた。
そうした歴史を学ぶことは、コロナ禍を乗り越えるヒントを得たり活力にすることができるだろう。
岡田は歴史についても研究を重ね、著作や記事執筆なども多い<『明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦!技術立国ニッポンはここから始まった』(集英社)など>。歴史を「過去」としてとらえるのではなく、現在の日本経済や経営・ビジネスと重ね合わせて論じるのがモットー。

メディア出演歴
テレビ番組出演歴
テレビ東京系列 「ワールドビジネスサテライト(WBS)」
テレビ東京系列 「Newsモーニングサテライト」
テレビ東京系列 「クロージングベル」
BSジャパン   「こちら経済編集長」
東京MXテレビ  「東京マーケットワイド」
その他、多数
著書・出版物
著書・出版物
論文/ 記事/ 雑誌

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]10:00~17:00
[定休]水土日祝※時短中
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴45年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル