講師:片田 敏孝

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 片田 敏孝|講師画像1

片田 敏孝かただ としたか

職業/現職

東京大学大学院情報学環 特任教授
日本災害情報学会 会長

肩書き/役職

群馬大学 名誉教授
日本自然災害学会 評議員

生年月日 1960年(昭和35年)
出身地 岐阜県
出身校(大学)
豊橋技術科学大学大学院
  • 社会問題
  • リスクマネジメント
  • 安全大会
略歴

1960年(昭和35年) 岐阜県生まれ。
1990年(平成2年) 豊橋技術科学大学大学院博士課程修了
1990年(平成2年) 東海総合研究所 研究員
1991年(平成3年) 岐阜大学工学部土木工学科 助手
1993年(平成5年) 名古屋商科大学商学部 専任講師
1995年(平成7年) 群馬大学工学部建設工学科 講師
1997年(平成9年) 群馬大学工学部建設工学科 助教授
2000年(平成12年)4月~(平成13年)9月 京都大学防災研究所 客員助教授
2001年(平成13年)4月~(平成14年)3月 米国ワシントン大学 客員研究員
2005年(平成17年) 群馬大学工学部建設工学科 教授(2014年、群馬大学大学院理工学府に所属名変更)
2010年(平成22年) 群馬大学広域首都圏防災研究センター センター長
2017年(平成29年) 東京大学大学院情報学環 特任教授
           群馬大学 名誉教授

<専門>
災害情報学・災害社会工学。
災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開している。特に防災教育については、地域防災と連携した育みの環境ととらえた活動を展開している。また地域防災については、地域の災害文化として、災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の地域での定着を図ってきた。これら一連の活動が認められ、2012年には防災の功労者として内閣総理大臣表彰を受賞、さらに同年海洋立国日本の推進への功労者としても、内閣総理大臣表彰を受賞している。
また、2014年には皇居に招かれ、天皇皇后両陛下にご進講もしている。
また、内閣府中央防災会議や中央教育審議会をはじめ、国・外郭団体・地方自治体の多数の委員会、審議会に携わり、研究成果を紹介しながら防災行政の推進にあたっている。
主な学会活動として、日本災害情報学会会長、日本自然災害学会評議員がある。

<委員会・審議会等>
内閣府中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会」委員
文部科学省「科学技術・学術審議会」専門委員
総務省消防庁「消防審議会」委員
国土交通省「水害ハザードマップ検討委員会」委員長
気象庁「気象業務の評価に関する懇談会」委員
などを歴任
 

受賞暦

2000年度 日本自然災害学会学術賞、横山科学技術賞
2002年度 国際自然災害学会賞、土木学会論文賞
2007年度 文部科学大臣表彰科学技術賞
2011年度 日本教育再興連盟賞、日本災害情報学会 廣井賞
2012年度 内閣総理大臣表彰(防災功労者)、内閣総理大臣表彰(海洋立国推進功労者)、ヘルシー・ソサエティ賞
2013年度 宮沢賢治学会イーハトーブ賞
2015年度 和歌山県知事表彰

講演テーマ 想定を超える災害にどう備えるか ~釜石市津波防災教育に学ぶ~

講演テーマ 想定を超える災害にどう備えるか 
       ~大津波から生き抜いた釜石市の児童・生徒の主体的行動に学ぶ~

著書・出版物
著書・出版物

『人が死なない防災』(集英社)

『命を守る教育 3.11釜石からの教訓』(PHP研究所)

『子どもたちに「生き抜く力」を 釜石の事例に学ぶ津波防災教育』 (フレーベル館)
『みんなを守るいのちの授業 大つなみと釜石の子どもたち』 (NHK出版)


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。