講師:辛坊 正記

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 辛坊 正記|講師画像1

辛坊 正記しんぼう まさき

職業/現職

経済評論家

肩書き/役職
エリーパワー株式会社 顧問
株式会社ジェイテックスマネジメントセンター 特別研究員
株式会社HiAc 最高顧問
東京工業大学附属科学技術高等学校SGH、SSH運営指導委員
人材育成学会会員
出身校(大学)

一橋大学商学部

  • 経済・金融問題
略歴

1973年  一橋大学商学部卒業、住友銀行入行
1976年  慶應義塾大学経営管理研究科 1年制課程卒業(優等賞)
1980年  コロンビア大学経営大学院卒業(MBA、ベータ・ガンマ・シグマ会員(優等卒業))
1980年~ 住友銀行国際企画部・企画部で利益計画を担当
1985年~ 住銀バンカース投資顧問(現 大和住銀投信投資顧問)
       初代企画部長として同社の設立に従事
1990年~ 住友銀行業務開発部筆頭次長として国内向け各種金融商品の開発に従事
1992年  住友銀行ニューヨーク信託会社社長
1995年  住友銀行アトランタ支店長
1997年  住友ファイナンスエイシア社長(香港)
1999年  国際金融法人部長
2001年  株式会社日本総合研究所 国際事業本部長
2006年  株式会社日本総研情報サービス 常務取締役
2008年  株式会社日本総研情報サービス 専務取締役
2009年  株式会社日本総研情報サービス 代表取締役専務
2012年  株式会社日本総研情報サービス退任
       エリーパワー株式会社 取締役常務執行役員就任

2016年  エリーパワー株式会社 顧問(非常勤)就任、現職。
       現在に至る。

<講演経験>
大学、各地商工会・同窓会・業界団体・企業等主催の講演多数

講演実績
2015/10/03 再び辛坊正記先生の講演を聴いてきました
2014年6月9日(月) 辛坊正記先生の講演を聴いてきました
企画担当者からのオススメポイント

ご存知辛坊治郎氏の実兄です。
NewsPicksではプロピッカーとして活躍中です。
是非一度訪れてみて下さい。

講演テーマ 日本経済の現状と課題 ~明るい未来を拓くには~

講演テーマ 日本経済の変遷と日本型雇用システムの方向性 ~キャリアの自律を目指して

かつて、日本的雇用慣行と呼ばれた制度がありました。年功序列、終身雇用、企業内組合が特徴です。
今では終身雇用は永続雇用あるいは長期雇用と
呼び名が変わり、年功序列も以前ほど明確ではありません。
それでもこの制度は、
日本型の雇用システムとして今も企業と社会に深く根をおろしています。
この制度の大きな特徴は、会社が職務を特定せずに新人を採用し、年功に従って育成して仕事を割り振ることにあります。
従業員の側から見ると、仕事も、
働く時間も、働く場所も会社の命令に従う義務と引き換えに、職業人生を通じて年功序列で収入と仕事が保障される制度です。
戦後の高度成長期に成立した
この制度は、働く人の高い忠誠心と組織の一体感、そして相対的に抑制されたコスト構造を生み、日本企業の驚異的な発展の原動力になりました。
世界で
最も安全だと言われる日本の安定した社会も、この制度から生まれる国民の安定した生活が重要な礎になっています。
世界が羨望の眼差しで称賛した制度ですが、その後、世界に広がることはありませんでした。
それはこの制度が、高度成長時代の日本の特殊な環境の
中でのみ従業員の高い忠誠心と抑制されたコスト構造を生む仕組みで、経済が普通の状態に戻った時には維持しえない特性を持っているからです。
この仕組みはまた、高度成長のもとでは目立たない別の難しさも備えています。
仕事も働き方も会社に委ねざるを得ない従業員が、自ら仕事と働き方、つまりキャリアを自律的に決める自由を失うという問題です。
政府は成長戦略の柱として同一労働同一賃金をはじめとして働き方の改革を掲げています。
低賃金の非正規雇用者の増加、長時間労働の継続、多様な
働き方や女性・高齢者の活用の難しさ、といった問題の根には日本型の雇用システムが低成長を前に抱える矛盾が横たわっています。
また、
自分で自分のキャリアを選ぶことが難しい働き方も、会社の先行きの不確実性が高まる低成長時代には、働く人にとって大きな不安の材料です。
年功を積んだ会社を離れた途端、売るべきスキルがない、という現実に直面することになりかねませんから。
日本的雇用慣行はどういう構図で高度成長期の日本企業に強い国際競争力を与えたのか、その仕組みが低成長の中で矛盾をはらむのは何故なのか。
変化の激しい時代を企業が勝ち抜き、働く人が自律的な
キャリアを取り戻すため、雇用と人事の仕組みはどういう方向を目指すべきなのか。
経済環境が他の先進諸国と同じ土俵に乗ったいま、働く人と企業と
政府がそろって目指すべき方向性を分かり易く大胆に語りたく思います。
メディア出演歴
テレビ番組出演歴

「たかじんのそこまで言って委員会増刊」
「たかんじんNOマネー」
「ウェイクアップ・プラス」

著書・出版物
著書・出版物

『日本経済の真実 ある日、この国は破産します』*辛坊治郎氏と共著(幻冬舎)

『日本経済の不都合な真実 生き残り7つの提言』*辛坊治郎氏と共著(幻冬舎)

『知識ゼロからの会計入門』(幻冬舎)
『消費税、いったいいくら足りないの?』(幻冬舎)
『賢人の簿記・会計術』*山田真哉氏、近藤仁氏、高橋和徳氏、高橋洋一氏と共著(幻冬舎)


論文/ 記事/ 雑誌

「朝日新聞広告企画」
「読売新聞広告企画」
「月刊WILL」
「週刊現代」
「東大新聞」
「ネットマネー」
「フジサンケイビジネスアイ」
「Jキャストニュース」
「楽天ブックス著者インタビュー」
「あらたにす著者インタビュー」ほか


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。