講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

江藤 直美

江藤 直美 えとう なおみ

職業/現職 元全日本バレーボール選手
肩書き/役職 日本体育協会バレーボール上級コーチ
JVA発掘育成委員
生年月日 1972年7月12日
出身地 福岡県
出身校(大学) 愛知学院大学
  • スポーツ

略歴

中学1年生からバレーボールを始め、全国都道府県対抗中学バレー大会に熊本選抜で出場し、一躍オリンピック有望選手に選出された。
扇城高等学校(現・東九州龍谷高等学校)では春高バレー準優勝、インターハイ3位。

1989年 世界ユース選手権3位、アジアユース選手権優勝。
1990年 アジアジュニア選手権優勝(サーブ賞受賞)。
1991年 世界ジュニア選手権3位
1991年 名門日立に入社。
1991年、1999年 ワールドカップ出場
1994年、1998年 世界選手権出場

2000年 全日本のキャプテンとして同年5月に右肘じん帯断裂をおし、シドニー五輪予選に出場したが、出場権獲得にはならなかった。
2001年 日立の廃部に伴い、東洋紡へ移籍。
2002年 東洋紡の廃部に伴い、JTマーヴェラスへ移籍。
2005年 第12回Vリーグにて、Vリーグ通算ブロック決定本数601に伸ばし、史上初めてブロック決定本数600の大台に乗せた。
2007年5月 黒鷲旗大会を最後に16年間の現役生活を終える。
2008年~2015年3月 名城大学男子バレーボール部コーチ就任、後進の育成にもあたる。
2015年 愛知学院大学卒業

元全日本バレーボール選手。高いブロックが武器のスマートなセンタープレイヤーとして、世界選手権、ワールドカップでチームに貢献。バレーボール選手としては長いと言われる16年間を現役選手として活躍。現在は小学生から大学生、ママさんチームのバレーボール指導に全国を飛び回る。
 

講演テーマ

講演テーマ 私のバレーボール人生 ~責任・・自覚・・誇り~

中学1年生からバレーボールを始め、全国都道府県対抗中学バレー大会に熊本選抜で出場し、一躍オリンピック有望選手に・・その後扇城高等学校(現・東九州龍谷高等学校)では3年連続インターハイ出場、アジアユース選手権優勝名門日立に入社 ワールドカップで全日本メンバーとなる。2000年には全日本のキャプテンになり、リーダーシップを発揮するが、その道は決して順風満帆とはいかなかった。同年5月に右肘じん帯断裂、シドニー五輪の不出場、日立の廃部、移籍をした東洋紡の廃部、と苦汁をなめた。しかし従来のプラス思考と明るさにより、逆風を追い風にして、JTマーヴェラスに移籍後 第12回Vリーグでは 史上初めてブロック決定本数600の大台に乗せた。

そして、華やかでモデルのような肢体でコートを飾った江藤直美は、2007年5月黒鷲旗大会を最後に16年間の現役生活を終え、輝かしい歴史と苦々しい経験を糧として新たな道に歩み出した。

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]9:00~18:00
[定休日]土日祝日
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴45年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル