講師:平田 オリザ

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 平田 オリザ|講師画像1

平田 オリザひらた おりざ

職業/現職 劇作家・演出家
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授
東京藝術大学・社会連携センター客員教授
四国学院大学客員教授・学長特別補佐
肩書き/役職 こまばアゴラ劇場芸術監督
埼玉県富士見市文化芸術アドバイザー
三省堂小学校国語教科書編集委員
一般財団法人地域創造理事
公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議理事長
日本演劇学会理事
一般社団法人日本劇作家協会副会長
BeSeTo演劇祭日本委員会委員長
東京文化評議会評議員
生年月日 1962年
出身地 東京都
出身校(大学) 国際基督教大学教養学部社会科学科
  • 文芸
略歴
1962年東京生まれ。
国際基督教大学教養学部在学中に劇団「青年団」を結成。
こまばアゴラ劇場を拠点に活動、フランスを中心に世界各国で作品が上演・出版されている。
2002年度以降中学校の国語教科書、また2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子どもたちが教室で演劇を創作する体験を行っている。2008年より大阪大学石黒研究室と共同制作しているロボット演劇プロジェクトは、世界的な注目を集めている。
2009年鳩山内閣にて内閣官房参与に就任(2011年9月退任)。
2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエの叙勲を受ける。

現在、こまばアゴラ劇場芸術監督、埼玉県富士見市文化芸術アドバイザー、三省堂小学校国語教科書編集委員、一般財団法人地域創造理事、公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議理事長、日本演劇学会理事、一般社団法人日本劇作家協会副会長、BeSeTo演劇祭日本委員会委員長、東京文化評議会評議員もつとめる。
 
<舞台作品>
『東京ノート』(第39回岸田國士戯曲賞受賞)
『月の岬』(作:松田正隆/演出平田オリザ/第5回読売演劇大賞最優秀作品賞・優秀演出家賞受賞)
日韓国民交流記念事業『その河をこえて、五月』(作:イ・ビョンフン、平田オリザ/演出:平田オリザ、キム・ミョンファ/第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞)
『ソウル市民』(シリーズ五部作)
『S高原から』
日仏交流企画『別れの唄』
大阪大学石黒研究室+平田オリザ アンドロイド演劇『さようなら』
青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト アンドロイド版『三人姉妹』
受賞暦 『東京ノート』(第39回岸田國士戯曲賞受賞)
『月の岬』(作:松田正隆/演出平田オリザ/第5回読売演劇大賞最優秀作品賞・優秀演出家賞受賞)
日韓国民交流記念事業『その河をこえて、五月』(作:イ・ビョンフン、平田オリザ/演出:平田オリザ、キム・ミョンファ/第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞
2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエの叙勲を受ける

講演テーマ わかりあえないことから

著書・出版物
著書・出版物 『演劇入門』(講談社新書)
『演技と演出』(講談社新書)
『わかりあえないことから』(講談社新書)
『幕が上がる』(講談社)
『芸術立国論』(集英社新書)
『話し言葉の日本語』共著(小学館)
『地図を創る旅』(白水社)
『ニッポンには対話がない』共著(三省堂)
『演劇のことば』(岩波書店)
『対話のレッスン』(小学館)
『コミュニケーション力を引き出す』共著(PHP新書)
『16歳 親と子のあいだには』編著(岩波ジュニア新書)
『総理の原稿』共著(岩波書店)
ほか

お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。