講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

飯島 健二郎

飯島 健二郎 いいじま けんじろう

職業/現職

リオデジャネイロオリンピック トライアスロン日本代表 監督
公益財団法人日本オリンピック委員会 ナショナルコーチ
公益社団法人日本トライアスロン連合 副会長
株式会社トーシンパートナーズ チームケンズ 監督

生年月日 1959年6月13日
出身地 東京都
出身校(大学)
日本大学
  • スポーツ
  • 安全大会

略歴

東京都出身。日本大学卒業。
大学を卒業後、教員となったが、怪我のリハビリで始めたトライアスロンで勝負することを決意し、退職。
日本トライアスロン界のプロ第1号として活躍。
引退後、世界での戦いを視野に指導者として活動を始めた。

トライアスロンがオリンピック正式競技となった2000年シドニーオリンピック以降、アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロの全大会で監督、コーチとして指揮をとり、北京オリンピックでは井出樹里選手を5位入賞に導いた。

またアジア競技大会では、2010年広州大会で男女ともに金・銀メダルを独占(4人出場の4人の完全制覇)、2014年仁川大会でも男女ともに金・銀メダルを独占、さらにミックスリレーでも金メダルを獲得し、5人出場の5人全員がメダルを獲得する完全制覇を成し遂げた。
2010年シンガポールユースオリンピックでも佐藤優香選手が金メダルを獲得、2014年南京大会で久保埜南選手を5位入賞に導いた。

講演テーマ

講演テーマ 予測する力  ~事故を防ぐ状況判断能力を培うには~

スポーツにケガはつきものです。
まして、水泳/自転車/ランニングを一人でこなすトライアスロンでは、一瞬の判断ミスや気の緩み、集中力の欠如が取り返しのつかない大事故に発展してしまいます。
そのようなトラブルを未然に防ぐ為には、状況を正しく把握し、次に起こる自体を想定する力、すなわち「予測する力」が、とても大切であり、この「予測する力」は、一流のトライアスリートにとって必須の条件と言っても過言ではありません。
講演を通じて、一流のトライアスリートが実践する「予測する力」を身につける日々の思考法やトレーニングについて、一般の方でも分かり易く、実践し易いエピソードを交えて語ります。

講演テーマ 勝つこと、強くなること
       ~プロトライアスリート草分けとして、そして指導者として~

3つの種目を一人でこなす過酷なスポーツ「トライアスロン」は、練習をただ積むだけではなく、最後は自己との戦いに勝たなければならない。
苦しさの中でも冷静な判断が必要となってくる。
国際人としても通用する自立した選手を育てるためには何をすれば良いのか。
自ら世界に飛び込み、世界で学び、プロトライアスリート第一号となった飯島氏が選手時代にどのように自信をつけて来られたのか、また指導者として何を考え実践しているのかお話しします。

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]10:00~17:00
[定休]水土日祝※時短中
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴46年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル