講師:村田 晃嗣

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 村田 晃嗣|講師画像1

村田 晃嗣むらた こうじ

職業/現職

同志社大学法学部教授

肩書き/役職

国際安全保障学会理事・企画運営委員
アメリカ学会理事
京都日米協会副会長
一般財団法人平和・安全保障研究所研究委員
中国・遼寧省社会科学院客員研究員

生年月日 1964年
出身地 兵庫県
出身校(大学)

同志社大学法学部

  • 政治国際問題
略歴

1964年 兵庫県神戸市に生まれる
1987年 同志社大学法学部卒業(麻田貞雄先生の外交史ゼミ出身)
1989年 法学修士(神戸大学)
1991〜1995年 米国ジョージ・ワシントン大学大学院博士課程(政治学)(フルブライト奨学生)
1995年 M.Phil.in Political Science(The George Washington University)
1995年 神戸大学大学院法学研究科博士課程(国際関係論)修了
1995年 広島大学総合科学部専任講師(アメリカ研究)
1998年 博士(政治学)(神戸大学)
1999年 広島大学総合科学部助教授
2000年 同志社大学法学部助教授(外交史・安全保障政策論)
2005年〜 同志社大学法学部教授
2008〜2010年 同志社大学評議員
2011〜2013年 同志社大学法学部長・法学研究科長
2013年〜2016年 同志社大学学長

<学会活動等>
国際安全保障学会理事・企画運営委員
アメリカ学会理事
京都日米協会副会長
一般財団法人平和・安全保障研究所研究委員
中国・遼寧省社会科学院客員研究員

<その他>
衆議院憲法調査会参考人(2000年) 参議院憲法調査会参考人(2003年)
参議院予算委員会参考人(2005年) 朝日放送番組審議会委員(2003〜2010年)
防衛省行政事業レビュー外部有識者メンバー(2010年〜現在)
日韓新時代共同研究プロジェクト日本側委員(外務大臣委嘱)(2009〜2012年)
日本基督教団神戸教会所属(1987年〜現在)

<研究>
第二次世界大戦後のアメリカの東アジア政策とその決定過程、日米安全保障関係の歴史と課題などを研究テーマにしています。歴史といっても、まさにliving historyなので、アメリカの情報公開法による資料の開示や日米双方の政策担当者へのインタビューを精力的におこなっています。また、単なる歴史研究にとどまらず、安全保障問題の現状分析や政策提言も意図しており、国際会議への出席や総合雑誌・新聞への寄稿も折にふれておこなっています。

受賞暦

1996年 「変容する日米安保政策コミュニティー」『this is 読売 1997年1月号』で読売論壇新人賞優秀賞受賞
1999年 『大統領の挫折−カーター政権の在韓米軍撤退政策』でアメリカ学会清水博賞・サントリー学芸賞受賞
2000年 「『国際国家』の使命と苦悩−1980年代の日本外交史」『戦後日本外交史』で吉田茂賞受賞

講演テーマ 2016年の内外情勢を展望する

講演テーマ オバマ政権のゆくえと日米関係

講演テーマ 日本の中長期的課題

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

よみうりテレビ「そこまで言って委員会NP」 パネラーとして不定期出演
テレビ朝日「朝まで生テレビ!」 パネリストとして不定期出演

著書・出版物
著書・出版物

 『レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか』(中央公論新社、2011年)

『現代アメリカ外交の変容 レーガン、ブッシュからオバマへ』 (有斐閣、2009年)

『国際政治学をつかむ』共著 (有斐閣、2009年)


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。