講師:栗城 史多

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 栗城 史多|講師画像1

栗城 史多くりき のぶかず

職業/現職 登山家
生年月日 1982年
出身地 北海道
  • スポーツ
略歴
○1982年、北海道生まれ。
○大学山岳部に入部して2年後の2004年6月、初の海外旅行で北米大陸最高峰
の「マッキンリー」(6194m)を単独登頂。
○2005年1月、南米最高峰「アコンカグア」(ポーランド氷河ルート)に単独
登頂後、「山と地球を感じてみたい」と思い、これまで6大陸最高峰を単独登頂
してきた。
○2007年からはヒマラヤ8000m峰を目指すようになり、2007年5月、
ヒマラヤ初遠征で世界第6位高峰「チョ・オユー」(8201m)の単独・無酸
素登頂を果たす。その時からインターネットを通じての動画配信を行い、「冒険
の共有」を目指すようになる。
○2008年10月には、世界第8位高峰「マナスル」(8163m)で、日本人
として初となる単独・無酸素登頂と、山頂直下からのスキー滑降に成功。
○2009年5月、世界第7位高峰「ダウラギリ」(8167m)の単独・無酸素
登頂に成功し、6500m地点からインターネット中継も行う。
○2009年9月には「エベレスト」(8848m)メスナールートより単独・無
酸素登頂とインターネット生中継を目指し、7950m地点まで。
○2010年5月に「アンナプルナ」(8091m)を2度アタックし、7700
m地点まで。
○2010年10月にエベレスト(ネパール側)からのリベンジ登山を行うが、
7550m地点まで。
○2011年5月、「シシャパンマ南西壁」(8027m)7600m地点まで。
○2011年10月、「エベレスト」サウスクロワールルート7800m地点まで。
○2012年6月、「シシャパンマ南西壁」登攀中、6500m地点付近から滑落
したが無事生還
○2010年12月、サイバード社が主催するファウストAGアワードにて、
冒険家大賞に選出される。
○現在、国内外において講演活動を行いながら、スキーと高所登山、そしてエベ
レストのインターネットライブ中継という新しい冒険を目指し突き進む。
○座右の銘「限界も国境も自分が作った幻想である」
○使命は、「冒険を共有を目指し、多くの人がもっている心の壁を取り払い、一歩
踏み出す勇気を伝えること」
アピールポイント 2015年8月に日本を出発して、9月中旬頃にエベレスト登頂を目指すと発表。
5~6月には下見と準備、高所順応を兼ねて一度エベレストに行き、その後8月出発、9月本番で2009年以来となる中国側のルートから挑戦する予定です。
(2010年以降は、ネパール側のルート)

講演テーマ 想いの実現〜エベレスト単独・無酸素登山から学んだ事〜

講演テーマ 見えない山を登っているすべての人たちへ

お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。