講師:屋山 太郎

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 屋山 太郎|講師画像1

屋山 太郎ややま たろう

職業/現職 政治評論家
生年月日 1932年6月4日
出身地 福岡県
出身校(大学) 東北大学文学部仏文科
  • 政治国際問題
略歴
<学歴>
1959年 東北大学文学部仏文科卒。

<職歴>
1959年 時事通信社入社、政治部へ配属。
1965年 ローマ特派員(3年)帰国後政党担当の後、首相官邸キャップ。
1977年 ジュネーブ特派員(4年)帰国後、解説委員兼編集委員。
1987年 退職。

<公職>
1981年 第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画。引き続いて、第一次〜第三次行政改革推進審議会専門委員
1984年 臨時教育審議会専門委員
1998年 選挙制度審議会委員
2007年 年金記録問題検証委員、公務員制度改革懇談会委員

産経新聞の「正論」欄、静岡新聞「論壇」を二十余年に渡り執筆中。
月刊誌『WiLL』の連載コラム担当、ほか『正論』、『諸君』などに常連執筆。
2002年第17回「正論大賞」受賞。

TV「日曜放談」のレギュラーメンバーを七年間つとめた。
「たけしのTVタックル」にコメンテイターとして出演中。
受賞暦 2002年第17回「正論大賞」受賞

講演テーマ 内外情勢の展望と今後の政局

講演テーマ 再び大国を目指す日本

メディア出演歴
テレビ番組出演歴 テレビ朝日「たけしのTVタックル」
TBS「日曜放談」
著書・出版物
著書・出版物 『屋山太郎が読み解く橋下改革』
『日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業』
『日本の政治はどう変わったか』(PHP研究所)
『国鉄に何を学ぶか』(文藝春秋社)
『世直し減税革命』『官僚亡国論』(新潮社)
『責任者出てこい』(PHP出版)
『私の喧嘩作法』(扶桑社文庫)
『抵抗勢力は誰か』(PHP研究所)
『自民党「橋本派」の大罪』(扶桑社文庫)
『道路公団民営化の内幕』(PHP新書)
『なぜ中韓になめられるのか』(扶桑社、2005年)
『小泉純一郎 宰相論』(海竜社、2005年)
『日本の教育 ここが問題だ!』(海竜社、2007年)
『天下りシステムの崩壊−官僚内閣制の終焉』(海竜社、2008年)
『立ち直れるか日本の政治』(海竜社、2010年)
論文/ 記事/ 雑誌 産経新聞の「正論」欄、静岡新聞「論壇」を二十余年に渡り執筆中。
月刊誌『WiLL』の連載コラム担当、ほか『正論』、『諸君』などに常連執筆。
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。