講師:荒木田 裕子

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 荒木田 裕子|講師画像1

荒木田 裕子あらきだ ゆうこ

職業/現職
公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC) 理事
公益財団法人2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 理事
公益財団法人日本バレーボール協会 理事
公益財団法人日本ソフトボール協会 理事
NPO法人全国ラジオ体操連盟 会長
肩書き/役職
JOC強化本部 副本部長
生年月日 1954年2月14日
出身地 秋田県
出身校(高校)
秋田県立角館南高等学校
  • スポーツ
  • 生涯学習
略歴

1954年2月14日生まれ。秋田県田沢湖町(現仙北市)出身。
中学でバレーボールを始め、角館南高校時代には第2回春の高校バレーで準優勝。
世界一を夢見て、1972年故山田重雄監督率いる名門日立武蔵(その後日立)に入り、翌年全日本入りを果たす。
バレーボールの世界三大タイトル「世界選手権(1974年メキシコ)、モントリオールオリンピック(1976年)、ワールドカップ(1977年日本)」を獲得した全日本女子チームのメンバー。

引退後は夜学で学ぶも、日本の女子選手としては初めてヨーロッパを活動の拠点とし、バレーボールの選手、指導者として活躍。傍ら、日本体育協会の在外研修員として研修。

1981年には国際オリンピック委員会(IOC)が立ち上げたアスリート委員会に参加するなど視野を広げる。
1987年に帰国してからは、テレビ解説、講演、バレーボール指導など多方面で活躍。

2001年にはJOCの派遣で、一年間英国オリンピック委員会(BOA)で主にアスリートサポートに関して研修。
帰国後は、バレーボールの強化に力を注ぎ、2012年には、女子強化委員長として眞鍋監督率いる全日本女子バレーボールチームの、28年ぶりの銅メダル獲得という悲願を達成した。
強化の仕事の傍ら、得意の語学(英語、ドイツ語)を生かし、アジアオリンピック評議会(OCA)の理事、アスリート委員会委員長の責務も担い、アジアのアスリートのトレーニング環境の整備などにも力を注いだ。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック招致では、スポーツディレクター、ロビイストとして世界中を駆け巡り、招致の成功に大きく貢献した。

2017年6月には、JOC強化本部副本部長に就任。山下泰裕本部長とともに、2020年東京オリンピックで、日本選手団の最多メダル獲得に挑戦する。
  

講演テーマ 夢を追って

講演テーマ 可能性への挑戦

お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。