講師:アグネス チャン

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • アグネス チャン|講師画像1
  • アグネス チャン|講師画像2

アグネス チャンあぐねす ちゃん

職業/現職
歌手
エッセイスト
教育学博士(Ph.D.)
出身地 海外
出身校(大学)
上智大学国際学部
カナダ・トロント大学(社会児童心理学)
米国・スタンフォード大学(教育学部)
  • 社会問題
  • 健康・食生活
  • 生涯学習
  • 地域コミュニティ・ボランティア・防犯・防災
  • 青少年育成・家庭教育
  • 音楽・映像
略歴

香港生まれ。1972年「ひなげしの花」で日本デビュー。一躍、アグネス・ブームを起こす。
上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。
1984年国際青年年記念平和論文で特別賞を受賞。
1985年北京首都体育館チャリティーコンサートの後、エチオピアの飢餓地帯を取材、その後、芸能活動のみでなく、ボランティア活動、文化活動にも積極的に参加する。

1989年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。1994年教育学博士号(Ph.D.)取得。
1998年、日本ユニセフ協会大使に就任。以来、タイ、スーダン、東西ティモール、フィリピン、カンボジア、イラク、モルドバ共和国と視察を続け、その現状を広くマスコミにアピールする。
2000年には本格的に歌手活動を再開、シングル『この身がちぎれるほどに』は20万枚のヒットを記録。
2005年には「ペスタロッチー教育賞」を受賞。
2006年『Forget Yourself』で全米歌手デビュー。
2007年にはポップス歌手としては世界初となる、北京人民大会堂でのリサイタルを行う。
2008年、全国112カ所に及ぶコンサートツアー「世界へとどけ平和への歌声」を成功させ、第50回日本レコード大賞の特別賞を受賞。
2016年、ユニセフ本部より「ユニセフ・アジア親善大使」に任命され、就任。
2018年の春の叙勲で旭日小綬章を受章。

現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、大学教授、ユニセフ・アジア親善大使、公益財団法人日本対がん協会「ほほえみ大使」など、知性派タレント、文化人として世界を舞台に幅広く活躍している。

オフィシャルサイト http://www.agneschan.gr.jp/ 

著書・出版物
著書・出版物

『未知に勝つ子育て AI時代への準備』(小学館 2019年)

『スタンフォードママDr.アグネスの究極の家庭教育メソッド48』(扶桑社 2018年)

『アグネス・チャンの命を育むスープ』 (主婦の友社)
『アグネスのはじめての子育て』 (近代映画社)
『東京タワーがピンクに染まった日』 (現代人文社)
『わたしもぼくも地球人 みんな地球に生きるひとPart4』 (岩波ジュニア新書 2014年)
『女性にやさしい日本になれたのか 終わらない「アグネス子育て論争」』 (潮出版社 2014年)
『ひなげしの終活 人生の最期にどんな記号をつける?』 (パブラボ 2015年)
『スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法』 (朝日新聞出版 2016年)
『子育てで絶対やってはいけない35のこと』 (三笠書房 2018年)
など多数


CD/DVD

アルバム 『世界へとどけ 平和への歌声 ~ピースフルワールド~』


シングル 『そこには幸せがもう生まれているから』
     『ピースフル・ワールド ~Peaceful World~』
     『朗らかに』
     『この良き日に』
     『あなたの忘れ物』
     『あの丘で』
     『午後の通り雨』
     『プロポーズ』(2015年)


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。