講師:相原 正道

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 相原 正道|講師画像1
  • 相原 正道|講師画像2
  • 相原 正道|講師画像3

相原 正道あいはら まさみち

職業/現職
大阪経済大学人間科学部 准教授
生年月日 1971年
出身地 東京都
出身校(大学)
筑波大学大学院
  • 経済・金融問題
  • スポーツ
略歴

1971年 東京生まれ。
2006年 筑波大学大学院スポーツ健康システム・マネジメント専攻修了。
2006年 東京ヤクルトスワローズ F(古田敦也選手兼任監督)-PROJECTメンバー 、
2007年 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会事業部門マネージャー等を経て、
2012年 福山大学経済学部准教授、
2015年~ 大阪経済大学人間科学部准教授に就任。

これまで
一般社団法人日本トップリーグ連携機構「トップレベルスポーツクラブマネジメント強化プロジェクト」メンバー、
文部科学省委託事業「スポーツの環境の整備に関する調査研究事業」プロジェクトメンバー、
環境省委託事業「熱中症予防声かけプロジェクト実行委員会」委員、
農林水産省「特定農林水産物に付される登録標章策定検討委員会」委員、
一般社団法人日本バレーボールリーグ機構「バレーボール国内50周年事業」総合プロデューサー、
一般社団法人日本スポーツGOMI拾い連盟理事、
大阪府市都市魅力戦略推進会議委員兼スポーツ部会長、
大阪市スポーツ振興政策検討有識者会議委員
等を歴任。

企業、行政、メディア等から多数の講演実績あり。
 

アピールポイント
2016年と2020年の2度、東京オリンピック・パラリンピック招致活動を実践した日本唯一の研究者。

講演テーマ 「東京2020オリンピック・パラリンピック招致活動における成功の秘訣」

2016年と2020年の両方の招致活動を内側が見た氏だからこそ語れる、何を失敗から学び成功に結び付けたかを、内部に居たからこそ語れる興味深いエピソードと研究者ならではの冷静な視点で語ります。

講演テーマ 「東京2020オリンピック・パラリンピックの経済効果」

オリンピックの東京開催がもたらす社会的・経済的な効果について、研究者ならではの視点で語ります。

著書・出版物
著書・出版物

『多角化視点で学ぶオリンピック・パラリンピック』(晃洋書房)

『現代スポーツのエッセンス』(晃洋書房)

『ロハス・マーケティングのスゝメ』(木楽舎)
『携帯から「金」をつくる』(ダイヤモンド社)


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。