講師:大平 貴之

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 大平 貴之|講師画像1

大平 貴之おおひら たかゆき

職業/現職 プラネタリウム・クリエーター
肩書き/役職 東京大学特任教員
和歌山大学客員教授
相模女子大学客員教授
  • 生産・ものづくり
  • 青少年育成・家庭教育
  • 音楽・映像
略歴
子供の頃から「太陽はだれのものか?」などと妙な質問ばかり大人に浴びせて両親を困らせる。
写真現像、ロケット製作、アニメーション作成、鉱物採集など様々なことに興味を示す。
小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、大学時代に、アマチュアでは例のないレンズ投影式プラネタリウム
「アストロライナー」の開発に成功。就職後も製作を続け、
1998年にこれまでの100倍以上にあたる150万個(最終形は170万個)の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表し、話題に。
2004年には日本科学未来館と共同開発した、投影星数560万個の MEGA STAR-Ⅱ cosmosがギネスワールドレコーズに認定された。
愛知万博をはじめとした各地での移動公演の他、松任谷由実やKIRORO、バンプオブチキン、ナナムジカ、SINSKEなど
アーティストとのコラボレーションなどを積極的に行い、プラネタリウムの新機軸を確立。
セガトイズと共同開発した世界初の光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」シリーズは、世界累計65万台(2013年4月時点)を超える大ヒット商品となる。
2008年6月には投影星数2200万個のSUPER MEGASTAR-Ⅱを発表。
2010年10月にはインド・ニューデリーに海外初常設設置、
2011年5月にはエストニアのタルトゥに360度全天球プラネタリウムを設置するなど海外でも活躍。
イベントでは2010年より森アーツセンターギャラリーにて大型企画展「スカイプラネタリウム」を開催し、累計30万人以上を
動員。
2012年4月には全く新しい投影方式であるMEGASTAR-FUSIONを 開発し、かわさき宙と緑の科学館に設置した。
2012年12月には世界初の移動式全天球宇宙体感シアター「SPACE BALL」を開発プロデュースするなど、ジャンルを
越えて可能性を切り開いている。
信条は、「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。
講演実績
2014年5月13日(火) 大平貴之先生の講演を聴いてきました
受賞暦 日本大学優秀賞、川崎アゼリア輝賞、
日本イノベーター大賞優秀賞(日経BP社)、
BVLGARIブリリアント・ドリーム・アワード2006、
文部科学大臣表彰
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。