講師:田口 まゆ

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 田口 まゆ|講師画像1

田口 まゆたぐち まゆ

職業/現職 NPO法人Serenity(セレニティ)代表
生年月日 1973年
血液型 B型
出身地 山口県
出身校(高校) 山口県立美祢高校
出身校(大学) 豊田短期大学人間関係学科
  • 宗教・人生
  • 人権・DV
  • 青少年育成・家庭教育
略歴
13歳の時に父が自殺(享年39年)。
父の自死は、小さな町にあっという間に噂が広まり、担任の教師からは父の自殺を謝罪するように指示される。
母も父の自殺後、苦しみの果てに自殺未遂し、かろうじて一命をとりとめる。
その後、短大専門学校を卒業し、派遣や契約社員をきっかけに、任意団体「自死遺族への差別偏見を失くす会」設立。
2011年、NPO法人Serenity(セレニティ)を設立。前日弁連会長・宇都宮健児弁護士が世話人に就任。
東京都後援で、シンポジウム「大切な人を自死で亡くすということ」、連続講座「生と性~それでも私たちは生きていく」主催。

自死遺族は、社会からの差別偏見に苦しんでいる中、「自死遺族への差別偏見を失くす社会」の実現に向けて、精力的に活動を
行っている。
高校・大学、教師会、福祉センター、市民講座などにおいても、講演やシンポジウムなどを行っている。

【取材実績】
NHK「日本の、これから」「おはよう日本」
産経新聞、週刊女性、福祉新聞、ふぇみん
『自殺を防ぐための手がかり~未遂者の声と対策の現場から』(渋井哲也氏著/河出書房新社)

講演テーマ 「自死遺族の人権や現状について」

自死遺族の現状についてはまだあまり知られていません。
今、問題になっているのは賃貸住宅で自殺をした方の遺族が大家から多額の損害賠償請求をされるという事件が多発しています。
そして最近は孤独死、自殺対策付きの保険も出来ました。
こういった自死遺族の問題の現状についてお話させて頂きます。

講演テーマ 「自死遺族の私が伝えたい、生きづらさを語ることのできる社会へ」

自殺者13年連続3万人を超える自殺大国日本。
一昨年はようやく3万人を切りましたが、数は減ったからといって遺族の悲しみが癒えることはありません。
自殺者一人の周辺には最低でも5人の遺族がいると言われています。
遺族だけではなく職場の仲間たちや友人も心の傷を抱えています。
過酷な競争社会の中で、自分の心の苦しみを誰にも話せず一人で抱え込んでしまう人が多いのが問題の背景にあります。
大切な人の命を守るためには私たちに何が出来るか一緒に考えていきましょう。
メディア出演歴
テレビ番組出演歴 NHK「日本の、これから」「おはよう日本」
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。