講師:宮本 延春

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 宮本   延春|講師画像1
  • 宮本   延春|講師画像2
  • 宮本   延春|講師画像3

宮本 延春みやもと まさはる

職業/現職 高校教員
エッセイスト
肩書き/役職 教育再生会議委員
生年月日 1969年
血液型 A型
出身地 愛知県
出身校(高校) 私立豊川高校夜間定時制
出身校(大学) 名古屋大学
名古屋大学大学院
  • 社会福祉
  • 人権・DV
  • 青少年育成・家庭教育
  • 学校生活活性化
略歴
1969年 愛知県に生まれる。
1984年 中学卒業後、見習い大工に就職。
1985年 母親を亡くし、仕事を辞める。翌年に病気で父親を亡くす。
1989年 フリーター生活を経て、地元の建設会社に就職。
1992年 1本のアインシュタインのビデオと出会い、猛勉強を始める。
1993年 私立豊川高校(定時制高校)入学。努力を重ね、全国模試で上位に。数学は県内トップになる。
1996年 名古屋大学に入学。大学院まで9年間研究に没頭する。
2005年 母校(高校)の教師になる。
2007年 教育再生会議委員に就任。

現在は講演や執筆活動を通して、子どもや大人を元気にしたいと、毎日を励んでいる。
アピールポイント 私は、生まれてすぐに養子に出され、血縁関係のない家庭で育ちました。特に父親からは愛情を感じられずに、辛い思いをしてきました。
小学生の低学年からいじめが始まり、学校嫌いが勉強嫌いにつながり、中学ではオール1となり、いじめを苦に自殺未遂を経験しました。
中学を卒業するとき、漢字は自分の名前しか書けず、数学は九九が二の段までしか言えず、英語は知ってる単語がbookのみという落ちこぼれとなり、高校へは進学できませんでした。
中学を卒業後は、見習い大工として働き始めますが、16才で母を亡くし、18才で父を亡くし、兄弟も親戚付き合いもなく、天涯孤独となり、1ヵ月の生活費が13円という極貧の生活を経験しました。
そして、23才のときアインシュタインロマンというテレビ番組を見たのをきっかけに、物理学に興味を持ち、夜間定時制高校へ進学し、名古屋大学に合格し、大学院まで進み、思うところあって母校の教師となりました。
現在は、心臓病の長男と、自閉症の次男、二人の我が子をケアしながら、講演や執筆
を行っています。
趣味・特技 執筆、講演、料理、少林寺拳法、読書、映画鑑賞
座右の銘 死ぬこと以外はかすり傷
好きな言葉 有り難う

講演テーマ オール1の落ちこぼれ、教師になる(一般向け)

(一般向け)
いじめの怖さ、どうして落ちこぼれになったのか、上手くいかない父との関係、両親を亡くす恐怖、天涯孤独の極貧生活がどのようなものなのか、なぜ学ぼうと思えたのか、、どんな人に支えてもらったのか、人との出会いの素晴らしさ、笑顔で日々の生活を楽しむことの大切さなどをお話します。
(教職員向け)
いじめ問題の難しさ、生徒の分からないを理解する、「やりなさい」より方法を教える、人間関係が指導に直結する。
最低、一日一回は声かけ、愛の反対は無関心、愛ある指導は関心から、時間が必要な子がいる。
家庭環境や心の問題が及ぼす学習効果の低迷、教師の元気が生徒の笑顔を作る。
※要望があれば障害児についてお話します。

講演テーマ 未来のきみが待つ場所へ(小・中・高の生徒向け)

いじめられっ子の経験。
学校嫌いが勉強嫌いへ、「勉強しろ」と言われても方法が分からない。
絶望からの自殺未遂、母の余命宣告と父の入院、一ヶ月の生活費が13円貧しすぎてアリを食べる。
今の生活は当たり前じゃない、感謝の気付きの種をまく方法。
夢を見つける方法、やる気になる方法、成長するために絶対に必要なものなどを年齢に合わせて語り口を変え、内容が重いところは取捨選択して、ユーモアを交えて話します。

講演テーマ キミのためにできること(保護者、PTA向け)

いじめから始まった学校生活、私と両親の関係から見えること、中卒の両親から言われ続けたこと、できたとところを見る目を持つ。
三つ叱って五つ褒め七つ教えて子は育つ。
怒るは感情、叱るは教育。
できない子も、ダメな子もいない。
時間が必要な子がいるだけ、待つことの難しさと必要性。
大人の元気が子どもの元気を作るなどの話をします。
著書・出版物
著書・出版物 『オール1の落ちこぼれ、教師になる』
『宇宙を感じる7日間』
『こころの羅針盤 親から子へ伝えたい60章』
『逆境力 どん底の日々がボクに力をくれた』
『キミのためにできること』
『未来のきみが待つ場所へ 先生はいじめられっ子だった』
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。