講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

串田 修一

串田 修一 くしだ しゅういち

職業/現職

エムアンドエス研究所 所長

肩書き/役職

動機づけ・人材育成・意識改善クリエーター
労働安全コンサルタント、異端児講演講師
職長・安全衛生責任者教育トレーナー

生年月日 1955年
出身地 神奈川県
  • リスクマネジメント・人事・労務・法
  • 安全大会
  • 経営改革

略歴

1955年 神奈川県生まれ。
1977年 準大手ゼネコン入社。
2008年 エムアンドエス研究所設立。

中小企業(100名クラス)社員教育中。

講演テーマ

講演テーマ 地下鉄現場所長の『企業は人なり』 ~人材の育成が企業繁栄のカギを握る~

100年に1度の経済危機と言われる大不況において、危機管理と企業力強化(人材力向上)が重要視されています。団塊の世代が現役引退し、技術の伝承や人材力の低下が顕著になり始めました。マニュアル化や指示待ち人間が増加している現在、各企業において社員の動機づけ低下やOJT教育のマンネリ化等で、一般論の2:6:2に微妙な変化が見られています。人が人の優劣を評価していますが、その評価に私情が入っていませんか?もっと部下の長所を見出し、生かせればと思われる場面に良く遭遇します。
地下鉄現場所長が体験した幾多の事例を基に、<心得三ヵ条>の重要性と物事の考え方や捉え方について伝授します。

講演テーマ 地下鉄現場所長の『危機管理』 ~行動指針の実践が様々な危機を救う~

100年に1度の経済危機と言われる大不況において、危機管理と企業力強化(人材力向上)が重要視されています。建設現場の運営は、平時から様々な危機(対外折衝、地域住民、品質、原価、安全、工程、環境、施工トラブル等)に直面しています。地下鉄工事は、公道を一時占用しながらの施工が多いため、第三者に関係するトラブルを最も配慮します。しかしながら施工に起因する第三者災害は、後を絶ちません。場合によっては、企業の存続を左右しかねない危機に直面しているのが現状です。
地下鉄現場所長が体験した事例や過去事例を基に、第一線現場の危機管理を伝授します。

講演テーマ 地下鉄現場所長の『不安全行動との闘い』 ~低減の秘策は動機づけと疑似体験にあり~

全産業の労働災害死亡者数は、昭和36年の6,712人をピークに減少し、労働安全衛生法施行(S47.10)後の昭和50年に3,000人台、昭和56年に2,000人台、平成10年から1,000人台に減少したものの、1,400人前後の尊い命が失われている現状があります。4日以上の休業災害は10万人/年を超え、毎日300人を超える人が被災しています。そして労働災害の90%以上は、不安全行動に起因する災害です。
人間は、間違い・不注意・錯覚・横着・近道行為等を起こす行動特性を持っています。不安全行動を撲滅することは不可能ですが、90%以上低減することは可能です。
地下鉄現場所長が体験した幾多の事例を基に、現地で活用できる不安全行動の低減策を伝授します。

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]10:00~17:00
[定休]水土日祝※時短中
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴45年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル