講師:泉 宏

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 泉 宏|講師画像1

泉 宏いずみ ひろし

職業/現職
政治ジャーナリスト
肩書き/役職
時事通信社客員解説委員
時事総合研究所客員研究員
日本記者クラブ会員
日本賢人会議所理事
メディア評価研究会同人
生年月日 1947年(昭和22年)4月30日
出身地 東京都
出身校(大学)
早稲田大学
  • 政治国際問題
略歴
1947年(昭和22年)4月30日生まれ。(本籍・東京都目黒区)
1972年(昭和47年) 早稲田大学卒業、株式会社時事通信社入社。
首相官邸記者クラブの田中角栄首相番として政治記者生活スタート。
自民党クラブ、外務省クラブ、法務省クラブ、労働省クラブを経て、

1986年(昭和61年) 自民党クラブキャップ
1990年(平成2年)  政治部次長兼官邸クラブキャップ
1994年(平成6年)~ 政治部デスク専任
1998年(平成10年) 政治部長
2000年(平成12年) 編集局総務兼解説委員
2002年(平成14年) 福岡支社長
2004年(平成16年)6月 一般社団法人内外情勢調査会常任理事
2006年(平成18年)6月~2009年(平成21年)6月 時事通信社取締役編集担当
2009年(平成21年)6月~2013年(平成25年)6月 公益社団法人日本記者クラブ企画委員
2009年(平成21年)8月~2013年(平成25年)3月 公益財団法人東京財団研究員(政治・外交担当)
2013年(平成25年)6月~2014年(平成26年)7月 株式会社テクノライクス顧問
2014年(平成26年)9月~ 日本賢人会議所理事

<現在>
時事通信社客員解説委員・時事総合研究所客員研究員、日本記者クラブ会員、日本賢人会議所理事、メディア評価研究会同人

<前職>
時事通信社取締役(編集・国際・解説委員担当)
(時事通信社元政治部長、元編集局総務・解説委員=政治・外交・防衛担当、元社団法人内外情勢調査会常任理事)
(東京財団研究員、日本記者クラブ企画委員)
職歴
故田中角栄元首相の首相番記者として記者活動を始めて以来、永田町・霞ヶ関で政治を見続けて40年以上。24人の総理大臣を直接取材。最前線の政治記者としての現場取材も20年を超え、そのうち首相官邸、自民党担当は合計14年。派閥担当としては福田派(八日会)、大平派・鈴木派・宮沢派(宏池会)。故福田赳夫元首相、故大平正芳元首相、故鈴木善幸元首相、故宮沢喜一元首相、故伊東正義元外相、故田中六助元幹事長、故加藤紘一元幹事長、谷垣禎一前幹事長、古賀誠元幹事長、岸田文雄外相、宮沢洋一党税調会長ら歴代幹部との親交は深い。また、財務、経済産業、外務各省など主要官庁の幹部らとの勉強会も続けている。
著書は『21世紀の首相候補生』(共著)など。月刊『地方議会人』、時事通信社『地方行政』などで政局コラムを連載中。求めに応じ全国各地で講演活動。5年前にはフジテレビ情報番組「知りたがり!」に半年間コメンテーターとして出演。

中学時代から麹町に住み、通学した麹町中学・日比谷高校が国会、霞が関に隣接していたこともあり、60年近く永田町・霞が関や赤坂周辺を徘徊してきた「不思議な人生」。仲間内では「永田町の化石」とも呼ばれる。「生涯一記者」がモットー。

講演や執筆活動を通じてできるだけ多くの人に「政治の今」を分かりやすく伝えていくことが高齢者としての今後の人生の目標。

講演テーマ 今後の政局展望

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

フジテレビ「知りたがり!」

著書・出版物
著書・出版物

『21世紀の首相候補生』共著(時事通信社)
など

論文/ 記事/ 雑誌

月刊『地方議会人』、時事通信社『地方行政』などで政局コラムを連載中


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。