講師:門田 隆将

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 門田 隆将|講師画像1

門田 隆将かどた りゅうしょう

【本名】門脇 護(かどわき まもる)
職業/現職
ノンフィクション作家
生年月日 1958年
出身地 高知県
出身校(高校)
土佐高等学校
出身校(大学)
中央大学法学部
  • 社会問題
略歴

1958年、高知県安芸市生まれ。
土佐中学校、土佐高等学校を経て、中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。
週刊新潮編集部に配属され、記者、デスク、次長、副部長を経て2008年4月に独立。

2010年9月、『この命、義に捧ぐ』が第19回「山本七平賞」を受賞。
“毅然と生きた日本人”をテーマに幅広いジャンルでノンフィクション作品を生み出している。
2016年6月には、リーダーの本来あるべき姿を実録で描いたビジネス書『リーダーの本義』を出版、さらに12月には、日本と台湾で初の同時発売ノンフィクションとなった『汝、ふたつの故国に殉ず』を出版した。

最近は書籍出版だけにとどまらず、テレビ出演もしている。
最新刊は、80年前に戦地で生まれ、姿と形を変えながら東日本大震災の被災者や子供たちを励ましていくことになる歌の物語を描いた『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』。 

受賞暦

第19回山本七平賞

講演テーマ リーダーの本義 ~その時、リーダー達はどう決断したのか~

講演テーマ 岐路に立つ日本のジャーナリズム

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

読売テレビ「そこまで言って委員会NP」 レギュラー出演中

著書・出版物
著書・出版物

『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』(小学館 2017年)

『汝、ふたつの故国に殉ず』(角川書店 2016年)

『リーダーの本義』(日経BP社 2016年)
『日本、遥かなり エルトゥールルの「悲劇」と邦人救出の「迷走」』(PHP研究所 2015年)
『慟哭の海峡』(角川書店 2014年)
『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所 2012年)
『太平洋戦争 最後の証言』(小学館 2011年)
『この命、義に捧ぐ』(角川文庫 2010年)
『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮社 2008年)
『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社 2005年)
など多数


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。