講師:村田 兆治

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 村田 兆治|講師画像1

村田 兆治むらた ちょうじ

職業/現職
野球評論家
生年月日 1949年11月27日
出身地 広島県
出身校(高校)
福山電波工業高等学校(現・近畿大学附属広島高等学校)
  • スポーツ
略歴

1949年11月27日生まれ。広島県出身。
福山電波工業高等学校(現・近畿大学附属広島高等学校)卒業。

1967年 ドラフト1位で東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。
1969年5月 先発、完投、完封、安打、打点、得点と異例の初づくし勝利をあげた。
1971年 プロ入り4年目にまさかり投法を完成し、初めて2桁勝利をあげ、
1976年 21勝をあげ最優秀防御率投手、奪三振王を獲得。コンスタントに勝数を重ねていった。
1982年 右肘痛で検査したが、結果は手術以外に治療方法がないと診断され、翌年渡米し手術を受けた。
その後2年半にも渡るリハビリを経て、
1985年 シーズン初登板以来3週連続日曜日に完投勝ちし、「サンデー兆治」の異名をとるなど話題をふりまきながら、開幕から11連勝し不死鳥のごとく蘇り、17勝5敗でカムバック賞を受賞。
1987年 無死球完封試合達成、2,000奪三振(史上13人目)と記録を重ね、ケガから復活し40歳まで投げ続けた投手は他に類を見ない。
1989年 最年長登板(39歳7カ月)。
2005年 野球殿堂入り。

<球歴>
1968年 東京オリオンズ入団
1969年 ロッテオリオンズ
1990年 現役引退
1995年~1997年 ダイエーホークスピッチングコーチ

<成績>
生涯防御率 3.24(3,331-1/3投球回数)
604試合
215勝177敗33セーブ
184完投
36完封
14無四死球
1,144与四球
2,363奪三振
304被本塁打
124与死球
3,019被安打

200勝達成 1989年5月13日

<日本記録>
通算148暴投
1シーズン17暴投 (1990年)
1ゲーム3暴投3回 (1987年5月28日、6月14日、1990年5月15日)
1イニング3暴投 (1987年6月14日)

<その他>
日本シリーズ1回出場 4試合/防御率 1.80 (1974年)
最優秀投手賞
5者連続奪三振(対中日) 日本シリーズ記録
オールスター13回出場 16試合/防御率 2.50
(1971年、1974年~1981年、1985年、1986年、1988年、1989年)
通算3暴投 オールスター記録

 

受賞暦

最多勝 1回 (1981年)
最優秀防御率 3回 (1975年、1976年、1989年)
セーブ王 1回 (1975年)
ベストナイン 1回 (1981年)
奪三振王 4回 (1976年、1977年、1979年、1981年)
前後期MVP 2回 (1977年後期、1981年前期)
月間MVP 1回 (1981年4月)
プレーオフMVP 1回 (1974年)
プレーオフ敢闘選手賞 1回 (1981年)
MIP 1回(1979年)

講演テーマ 人生先発完投

順風満帆に送っていた野球人生に突如起こった肘の故障。今後の野球人生をかけてその肘の手術に挑むまでの心の葛藤や術後リハビリ中のモチベーションの維持、そして再びマウンドに上がり200勝を挙げるまでの目標の持ち方を中心に語ります。また、真剣勝負から学んだ精神力鍛錬法などのお話をします。

講演テーマ 執念が私の野球人生を支えてきた

講演テーマ 私の野球人生

著書・出版物
著書・出版物

『還暦力 60歳でストレート140キロを投げる秘密』(朝日新聞出版 2009年)

『まだ、現役には負けられない!』(プレジデント社 2004年)

『速球の流儀 中年よ、不安に打ち勝つ体を鍛えろ!』(ワニマガジン社 2002年)


お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[https://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。