講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼、講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

講演会・セミナー・社員研修などの講演依頼・講師派遣なら株式会社日本綜合経営協会

日本綜合経営協会

手嶋 龍一

手嶋 龍一 てしま りゅういち

職業/現職
外交ジャーナリスト・作家
肩書き/役職
慶應義塾大学大学院教授
東京理科大学大学院特別上席教授
生年月日 1949年
出身地 北海道
出身校(大学)
慶應義塾大学
  • 政治・国際問題

略歴

慶應義塾大学経済学部卒業後、1974年に日本放送協会(NHK)に入局し、政治部記者として外交・安全保障を担当。
1987年からワシントン特派員とホワイトハウス・国務省・国防総省を担当し、冷戦終結を宣言したマルタ会談に立ち会う。
1990年の湾岸戦争では最前線へ。
1994年にハーバード大学CFIA・国際問題研究所でフェロー。
その後、ドイツ支局長を経て、1997年からワシントン支局長を8年間務める。
この間、2001年の同時多発テロ事件で11日間連続の昼夜中継を担い、冷静で的確な報道で視聴者の支持を得た。

2005年にNHKから独立後、「日本初のインテリジェンス小説」と評された『ウルトラ・ダラー』を発表。
姉妹篇の『スギハラ・サバイバル』と共に50万部を超すベストセラーに。『たそがれゆく日米同盟』、『外交敗戦』、『ブラック・スワン降臨』、『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師』など著書多数。
近著に佐藤優氏との共著『独裁の宴』、『米中衝突』、『公安調査庁』『菅政権と米中危機』(中公新書)がある。
2021年2月に神戸を舞台に新しいインテリジェンス小説『鳴かずのカッコウ』を小学館から上梓。
外交・安全保障、インテリジェンス問題を主なテーマに、新聞・雑誌にも寄稿し、コラムニストとしても活躍している。
慶應義塾大学教授として「インテリジェンス戦略論」を担当し、現在は東京理科大学大学院で特別上席教授をつとめ、一線のビジネスマンや官僚などの指導にも熱心に取り組んでいる。

企画担当者からのオススメポイント

オンライン講演可能です。

講演テーマ

講演テーマ コロナ禍が変えた米大統領選の構図

講演テーマ コロナ・ショックが一変させた世界の風景、ニッポンの姿

講演テーマ 激動する国際情勢と日本の活路

メディア出演歴
テレビ番組出演歴

日本テレビ「シューイチ」

著書・出版物
著書・出版物

お問い合わせ・ご相談は

[受付時間]10:00~17:00
[定休]水土日祝※時短中
03-5386-3341

お問い合わせ

日本綜合経営協会は、全国47都道府県を対象に講演依頼に基づく講師派遣や、企画提案などを行なっております。
主催者の開催目的に合わせた最適なご提案から、手続き運営サポートまで。業歴46年、経験豊かな当社スタッフにトータルでおまかせください。

講師検索

講師名・キーワード
出身・ゆかり
性別
ジャンル