日本綜合経営協会トップページ > 実績紹介 > 2016年9月 伊藤元重先生の講演を聴いてきました

2016年9月 伊藤元重先生の講演を聴いてきました先生の実績紹介

2016年9月 伊藤元重先生の講演を聴いてきました

2016年9月 伊藤元重先生の講演を聴いてきました

都内で、長年の弊社お客様ご主催で、伊藤元重先生「日本経済と不動産業」と題しての講演を聴いてきました。

まずはわかり易く日経平均、株、マイナス金利、日銀、国債などの解説や見通しに加えて聴衆が不動産関係の方々であることからJ-REITについても。

量的緩和を減らしマイナス金利をもう少しやるのではないか。
経済の浮上を待つために超低金利は当分続くだろう。

不動産業界においては伸びるものとそうでないものとが顕著になるだろう。

成長戦略で最も大事なことはグローバル化

改造したばかりの内閣での注目の大臣について。

OECD、先進国35か国の中で、日本の女性が最も睡眠時間が短い
ドイツは日本より労働時間が2割少なく働き、5割も労働生産性が高い
これからの日本はワークライフバランスを進め、女性とシニアに働いてもらい、欧米の男性の半分しか家事をやらない日本の男は、もっと家事をしなければならない

今後、企業の最大のポイントは「人」(の確保)
毎年1%ずつ労働人口は減っていく。
つまり目安として年3%昇給ができないと人の確保は難しいということ。

付加価値労働生産性を上げない企業は生き残れないだろう。

最後に世の中を一番変える動きについて。
これはAI(人工知能)、IoT、ビッグデータなどなど。
凄まじい勢いで変わっていく。

一例だが、情報が「金融」を変えてしまう。
世界最大の銀行、JPモルガンがインタビューにこう答えている。

5年後の最大のライバルはゴールドマンサックスや三井住友などの既存金融機関ではなく、グーグルだ、と。
そしてアップルだ、とも。

フィンテックにより金融が大きく変わっていく。
金融機関以外が顧客の信用情報に基づき独自にお金を貸すようになる。

その他にもものづくりや医療なども情報化の進化により変わる。

最先端の情報をアルファ碁の話や10年後にはスマホに日本語で話し掛けると英語になるといった「完璧な翻訳機」が出現するといった話を交え、わかり易く興味を持ってもらえるように、これから来るであろう近未来の様子が目に浮かぶ内容で、さすがにあらゆる分野に精通され、飽きる事の無い90分でした。

不動産業界に特化した内容も織り込んで頂き主催者の方々にも大変喜んで頂けました。

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[http://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。