講師:植松 紀子

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 植松 紀子|講師画像1

植松 紀子うえまつ のりこ

職業/現職 雑誌「エール」編集長
シニアライフジャーナリスト
  • 生涯学習
  • 社会福祉
略歴
昭和22年生まれ。本籍福島県。
千葉県立東高校、竹早学園教員養成所卒後、市川学園幼稚園勤務、シニア向け旅行会社で旅行企画や添乗員として活動した後、昭和53年福祉出版㈱入社し、高齢者向け月刊誌「百歳万歳」に関わる。
昭和56年編集長に就任。
昭和61年独立し、㈱百歳万歳社設立。
代表取締役編集長となる。
平成22年代表取締役を下り、㈱百歳万歳・編集局長に就任。
平成25年5月にて(株)百歳万歳を退職。
35年間の「百歳万歳」編集人生に終止符を打つ。
平成25年9月シニアにエールを送る月刊誌「エール」を創刊。
編集長に就任、現在にいたる。

これまでの活動:
雑誌「百歳万歳」の取材で全国各地を歩き、数千人のいきいきしたシニアの活動や老人クラブの活動を取材、また400人以上の百歳長寿者を取材。
こうした取材経験を日本国内各地の県老人クラブ連合会大会、研修会、及び各市町村老人クラブ連合会の研修会などで約500回程度の講演を行う。
ブラジルではブラジル日系老人クラブ連合会創立30周年記念大会で基調講演を行う。
東京大学大学院をはじめ、大学や企業での講演会を通じて高齢者の代弁者としての活動も続けた。
この他、シルバーファッションショーなどのイベントや「百歳万歳」愛読者交流会など15年間にわたり行った。
平成3~4年にラジオ短波の番組「植松紀子の人生万歳」のパーソナリティーを務める。
最近では平成24年10月~平成25年4月までミニFM「植松紀子の百歳万歳」 パーソナリティーを務める。
各地の社会福祉協議会、各県の老人クラブ連合会、「高齢社会をよくする女性の会」(樋口恵子会長)などの高齢者関係団体の人脈も多い。
千葉県老人クラブ連合会(なのはなシニア千葉)の評議委員及び広報委員を委任されている。
受賞暦 昭和62年 日本文芸振興会・編集者賞受賞

講演テーマ 百歳万歳―いくつになっても自分らしく生きたい

お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[http://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。