講師:家田 荘子

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 家田 荘子|講師画像1
  • 家田 荘子|講師画像2

家田 荘子いえだ しょうこ

職業/現職 作家
高野山真言宗僧侶(高野山本山布教師・大僧都)
肩書き/役職 高野山高等学校特任講師 
大阪府泉佐野市観光大使
高知県観光特使 
四国八十八ヵ所霊場会公認大先達
厚生労働省 偽装薬品・指定薬物対策推進会議 構成員
出身地 愛知県
出身校(大学) 日本大学芸術学部放送学科
  • 生涯学習
  • 宗教・人生
  • 男女共同参画
  • 文芸
略歴
日本大学芸術学部放送学科卒業。
高野山大学大学院・文学研究科密教学専攻修士課程修了。
女優、OLなど十以上の職歴を経て作家に。
1991年、『私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
2007年、高野山大学にて伝法(でんぽう)灌頂(かんじょう)を受け、僧侶に。
住職の資格を持つ。
高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。
著作は『極道の妻たち』®、『歌舞伎町シノギの人々』、『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』など129作品。
最新作は、取材・執筆に4年かけた『少女は、闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園』(幻冬舎)、『女性のための般若心経』(サンマーク出版)、『修羅な女たち』(光文社文庫)

講演テーマ 「取材現場から」―私の出逢った人たち―

『極道の妻たち』R、 『少女は闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園』、『歌舞伎町シノギ人々』、『私を抱いてそしてキスして・エイズ患者とすごした1年の壮絶記録』、など、 あの本、あの連載、あの事件のあの容疑者など、これまで25年以上してきた取材の裏側 のお話をします。
本や雑誌に載せられなかったできごとや会話を含め、取材現場や人をありのまま、お話しすることによって、知られていない社会や人々の一面が見えてくることでしょう。
光の当たっていない世界や人々にスポットを当て、取材をし続けて来られました。
大変なのは、自分だけではありません。
たくさんの人々が、それぞれの生き方と価値観を持ち、前向きな一歩一歩を歩んでいらっしゃいます。
そういう人々の生き様と、取材を通じて教えられたことについて、お話しします。

講演テーマ 「この世に生まれ、生きて、生かされて…」―あと一歩前へ踏み出したいあなたへ―

毎年、多くの方が、命を自ら絶っています。
命を自ら絶つまで、とてもとても苦しまれたと思いますが、残された周りの方々は、もっともっと辛く悲しい思いを背負って、行かれることになります。
命を絶つのは、今や、大人だけではありません。
お子さんも・・・。そうして、残された方々は、なぜ、心の痛みに気づけなかったのか?何かもっと前に出来なかったのか・・・などと、ご自身を責められます。
あなたの命と、あなたの大切な人の命を守るために、今、私たちができることをご一緒に考えてみませんか?
実は私も自分の命を絶つことを真剣に考えた時期があります。
いじめられていた子供の頃は、毎日、楽に死ねる方法を考えていました。
「極道の妻たち」Rを発表した後は、まだ女性が表舞台で働くことが難しい時代だったので、マスコミからのバッシングが続きました。打たれ続けた私は、ついに心を患い、日常生活さえできなくなり、死を考えました。
それから、大失恋の時も・・・。
強い人なんて、一人もいません。
強く見える人は、実は、もっと淋しくて孤独なものです。
解決しないまま、苦しいまま死を選んでも、苦しみは死後も続いてしまいます。
死してなお苦しみが続くのならば、自ら、命を絶つことで、苦しみは終わりません。
命を切り捨てたいのではありません。人は生まれる日も親も選べませんが、この世に生を受けた以上、生きたいのです。
そのためには、あなたの優しい心と、暖かな支えが必要です。
自殺予防・防止のための講演ですが、「死」よりも、「生きる」ということにスポットを当て、私はお話させていただきたいと思います。

講演テーマ 「自分の歩幅で小さな一歩を一歩を」~もう少しだけ強く、優しくなりたいあなたへ~

イメージと違い、体は小さいし喋ることより黙っている方が得意、静かな性格です。
が、人に必ず会ってお話をうかがうという取材をしなくてはいけない職業についてしまいました。
人の人生を取材して任せてもらうには、心を開き強い信頼関係を築く必要があります。
何事にも逃げることは出来ませんし、時には、命を相手に預ける覚悟で取材に臨むことがあります。
また、多くの人々に出逢わなければ、取材も進みません。
もがきながらも前を見つめ頑張っている人、頑張ろうとしている人が必ずいます。
そういう方々にエールを送りたい。
また、地道に歩かれている人々と一緒に歩いて行きたい。そう思っています。
数々の尊い取材をくり返し、取材対象者から教えられてきました。
会社や組織、団体の中には、いろいろな個性や能力の持ち主がいらっしゃいます。
まだ自分自身を発揮できないという方もいらっしゃるかと思います。
今は、コミュニケーション不足の人が増えていますから、人とのつき合い方が判らず困っていらっしゃる方もいます。
今の時代、器用で要領が良く、お喋り上手な人が得をしているように感じられます。
でも、やっぱりまじめにコツコツと積み上げていくことが大切なのではないでしょうか。
不器用でも大丈夫。損な性格でも必ず「咲き時」を迎えられます。
取材で出逢った人々に教えられたこと、育ててもらったことなどをお話しますので、社内教育や部下のご指導、パワーを持ち帰って欲しい時など、頑張ってもらいたい人、頑張ろうとしている人に聞いていただきたい内容です。
著書・出版物
著書・出版物 『少女は、闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園』(幻冬舎)
『女性のための般若心経』(サンマーク出版)
『修羅な女たち』(光文社文庫)
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[http://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。