講師:金重 紘

本サイトに掲載されていない講師も多数在籍しています。「この方に講演を依頼したい」というご相談もお気軽にどうぞ

  • 金重 紘|講師画像1

金重 紘かなしげ ひろし

職業/現職 ジャーナリスト
生年月日 1943年2月10日
出身地 岡山県
出身校(大学) 東京外国語大学英米科
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
略歴
1943年2月10日 岡山市生まれ。
1966年 東京外国語大学英米科(国際関係)卒業。
時事通信社入社。
1969~1971年 香港特派員。文革時代の中国報道に従事。
1976~1981年 シンガポール特派員。東南アジア諸国、インド亜大陸、
アフガニスタンなどを取材。
1986~1991年 ワシントン支局長。レーガン、ブッシュ両政権の五年間、
ベルリンの壁崩壊、湾岸戦争など多くの歴史的瞬間に大
統領取材陣の一員として立ち会うとともに、日本脅威論
に揺れ日米関係を取材。
1991年 外信部長。
1995年 編集局総務。
1997~2000年 ニューヨーク総局長。国連やアメリカ全般の報道。
2000年6月 国際本部長。新聞協会・国際委員に就任。
2002年7月 解説委員長。日本記者クラブ・企画委員に就任。
2003年4月 解説委員会顧問。東洋英和女学院大学講師。
2003年6月 監査役。
職歴
教職など: ○ 1994年4月~1995年3月
埼玉女子短期大学「アメリカの歴史と文化」について講義
○ 1994年から3年間
陸上自衛隊幹部学校で年一回国際政治情勢について講義
○ 1996年11月
第23回国際学生セミナー(大学セミナーハウス)
「転換期の世界-アジアにおける日米関係」講師
○ 2000年10月
アジア欧州プレスフォーラム2000(ソウル・韓国)
「アジア欧州の協力関係の将来について」に参加
○ 2001年4月~7月
上智大学講師 ジャーナリズム論「国際報道」について担当
○ 2002年2月
フォリン・プレスセンターの委嘱でフィリピンと台湾のマスコミ調査実施
○ 2002年7月
拓殖大学客員教授(非常勤)「世界と日本」講義担当
○ 2003年4月から
東洋英和女学院大学講師

講 演 : 内外情勢調査会講師

所属団体: 日本記者クラブ
日本外国特派員協会
日本国際政治学会 (1993~1998年、2001年再加入)
ニューヨーク国連記者会 (1997~2000年)
ホワイトハウス記者会 (1986~1991年)
ワシントン・ナショナル・プレス・クラブ会員(1986~1991年)
東南アジア記者クラブ会長 (シンガポール、1987~1980年)
香港外人記者クラブ会員 (1969~1971年)
著書・出版物
著書・出版物 著 書 : 『渦巻く大国の思惑』 (人間の科学社 1987年)
『ワシントン・インサイド・レポート』 (日本能率協会マネジメントセンター 1992年)
訳 書 : 『アメリカ例外論-日欧とも異質な超大国の論理とは』〔共訳〕(明石書店 1999年)
「American Exceptionalism;A Double-Edged Sword」by Seymour Martin Lipset
(W.W. Norton & Company,1996)
『ケネディ家の呪い』〔エドワード・クライン著〕 (発行 綜合社・発売 集英社 2005年)
論文/ 記事/ 雑誌 主要論文: 「特色薄める米国二大政党」世界週報 2000年6月27日号
「愛憎が交錯する日米新時代」世界週報 1991年8月6、13、20-27日号
「‘敵’はソ連から日本の経済力へ」世界週報 1990年1月9-16日号
「米国で台頭するリビジョニストの危険度」世界週報 1989年11月21日号など多数
「市政」(全国市長会機関誌)に毎月国際問題を寄稿
お申し込み・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ・お申し込み 【受付時間】9:00 ~ 18:00 【定休日】土日祝日 03-5386-3341
お申し込み・ご相談

▲ 「講師派遣」日本綜合経営協会のページトップに戻る

がん治療と仕事の両立
講演テーマ
  • 政治国際問題
  • 経済・金融問題
  • 地域 活性化
  • 社会問題
  • 経営実勢・経営全般
  • 健康・ 食生活
  • スポーツ
  • 生涯学習
  • アナウンサー
  • 俳優・ タレント

その他にも、様々なテーマの講師陣が所属しています。詳しくはご相談ください。

テーマ一覧 >>

講師検索
  • テーマ条件
  • 出身地から検索
  • 50音から検索
  • 性別から検索
  • フリーワード

  • ※人名の場合は、平仮名入力
  • 採用情報
  • 講師派遣実績
  • よくあるご質問
  • 講師募集について

当社と類似した社名のホームページが報告されています。日本綜合経営協会のホームページのURLは
[http://www.koushihaken.com/]
となりますのでご注意ください。